クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
【朗読を哲学する2】半年間のワークショップを前に(高階記)
2017年 07月 01日 (土) 22:58 | 編集
2017年7月2日。
草加市「歌のダンスのファンタジーIX」の朗読のワークショップが始まる。
初回は、自己紹介で時間が終わってしまいそうだけれど、どういう半年間になりそうか、できれば共有したい。そのことを書く。

もっとも、半年間かけて積み重ねていくことはあまりにも多いので、初回に何もかも話しても混乱するだけだ。だからできるだけシンプルに絞り込んで、しかも長持ちすることを伝えたい。ただ絞り込むためにも伝えたいことを思いつくままにだーっと総ざらえしておきたい。

書きながら考える。なにしろ「朗読を哲学する」のだ。思考を巡らし続ける奇跡を全部残してしまおう。

(1)よく聞くこと
これは朗読に限らず、俳優の演技全般に共通することなのだが、「よく聞く」ということはたぶん半年間言い続けることになるだろう。「声の出し方を教わりに来たのに聞くってどういうことだ?」と思う人も出てくるだろうけれど、これは基本だと考えている。ぼく自身がそんなに実践できていないので、この半年で自分自身の訓練の目標ともしたい。

わかりやすい例として、7月2日に聞いた声が、12月24日にどう変わっているか、これはポイントだ。だから、7月2日のみんなの声をとても大事に聞きたいと思う。


(2)自分の声から始めること
経験があって器用な人は声色を使ったり、テクニカルにいろいろなことができると思う。それはそれで大事な武器なのだが、せっかく半年もかけるので、今できることに止まってはもったいない。したがって、経験者のみなさんはいったん自分の得意技のことは忘れて振り出しから一歩ずつ新たな声を探して欲しい。

ビギナーはもちろん半年かけて今はまだ出せない声を見つけることになる。その際にも作り声や声色でそれっぽくするのではなく、今の自分の声を出発点に見つけていくようにしたい。毎回ほんのちょっとでも何かが変われば嬉しい。少し大きな声が出せた。小さくてもよく通る声が出せた。少し高い声が出せた、低い声が出せた。音がはっきりしてきた。わざともごもごできた。すごく早口でしゃべれた。スローでもしゃべれた。同じセリフにいろんな意味をつけられた。なんでもいい。前回はできなかったこと、思いつかなかったことが一つでも二つでも増えれば万々歳。半年後に振り返った時、7月2日の自分からは思いがけないくらいいろんなことができるようになったなと思えるといい。


(3)楽器としてのからだ
声を出す、というとどうしても「口のこと」「喉のこと」と思いがち。せいぜい「肺を使うこと」どまり。でも実際にはそれだけじゃない。立っているか座っているか、前のめりか踏ん反り返っているか、体を捻っているか、顔の向きはどうか、そして重心の位置はどうなっているか、気持ちはどうなっているかで出てくる声は全然違ってくる。全身を楽器だと考えるようにしたい。そしてその楽器は基本、けっこう調子っぱずれで調律が必要。楽器そのものの状態を良くすることも大事で、それは筋力や柔軟性の問題だったりする。調律に関して言うと、とにかくいろいろ試して使いこなして何ができるか、どうできるかを探り続けることでしか見つからない。半年間これをやり続けることになる。発見に次ぐ発見だといい。


(4)どう読むかは決まっていない
ストーリーがあって、キャラクターがいて、それに沿ったテキストがあって、作者がその場にいるので、どのことばをどう読むかについて、作者が書いた時点のイメージは当然ある。おおまかな方向は決まっている。けれどもこれがシナリオの面白いところだが、実は全く同じことばでもさまざまな意味をつけることができる。「ありがとう」の5文字で感謝を伝えるのは字義通りとして、愛も告白できるし、軽蔑の念を表すこともできる。失望や殺意だって込められるし、秘めた恋や別れの挨拶にもできる。音楽劇全体の中で採用されるかどうかは総監督次第だが、我々にはテキストを自由に遊ぶ権利があるし、そこから出てくる思いがけない発見を味わう楽しみがある。


というわけで、からだ=楽器を重視し、頭ではなく、からだでいろいろ試しながらテキストの解釈を深めるということをしたい。声に出すことの面白さ、からだという楽器から思いがけない声がどんどん出てくる喜び、そういったものを味わい尽くしていきたい。そしてそれはあれこれ試しながら繰り返し繰り返し極めて身体的に取り組むことの中で実現することになるはずだ。

半年が過ぎるころ、読解力、表現力、粘り強さ、自己主張する力と全体の中で調整する力が身についているはずだ。
【朗読を哲学する1】SFP_live!で高階がやっているのは朗読なのか?(高階記)
2017年 06月 07日 (水) 10:44 | 編集
最初に答えを書いてしまうと、SFP_live!でぼくがやっていることは、正統派の朗読ではない。
 
目の前にテキストを置いてそれを目にして声にしているので便宜上「朗読」と呼んでいるけれど、ぼくがやっているのは「テキストでどこまで遊べるか」という即興パフォーマンスというのが正確だ。

もちろん、
「朗読とはこういうものであって、違うものを朗読と呼んではならない!」
というような「正解」がどこかにあるわけではないと思うが、
ごく一般的な認識の中で、正統派とされる朗読では、
あまりニュアンスを決めつけ過ぎない方がいいとされている。

つまり「ここは楽しい場面」「ここは悲しい場面」というようなニュアンスを、
朗読家が先走ってニュアンスをつけるのはあまり好ましくないとされている。
なぜなら聞き手から解釈の自由を奪ってしまうからだ。

専門ではないので推測で書くしかないが、「正統派」の考え方はきっとこういうことだと思う。

一つはテキストに忠実であること。
一つはテキストについての解釈は聞く人にゆだねるべきと考えていること。
大事なのは、原作のテキストを
可能な限り改変することなく
余計なニュアンスを盛り込むことなく
原作に指示されているニュアンスは伝えつつ
聞き手に正確に伝わるように心がけ
そのための技術をみがくということになる。

ごく簡単にまとめれば、朗読家は自己主張をせず、テキストを丁寧に聞き手に届けなさいということだろう。
そしてそれは正しい、と、ぼくも考える。

実を言うと、今年の後半は朗読について考えに考える半年となる予定で、
ぼくはぼく自身の即興パフォーマンスとは何なのか、
これから朗読をやりたという人にどんな道を示すといいうのかいろ考えていきたいと思う。

朗読全般についてはとても長くなる予感があるので少しずつ書き進めていく。
今回は、ぼくがSFP_live!でやっていることは何なのかを自分の中でも整理したいので、それを書く。

   *   *   *

SFP_live!では今後

①作者が自分の作品(140字のSudden Fiction Project作品)を声に出して読む。
②その場でお題をもらって15分で何本140字の作品(#140SFP 作品)を書けるか即興創作する。
③#140SFP作品にエッセイを加えるとどうなるかロングバージョンを読む。

ということをやるスタイルを考えている。

将来的には他人の作品を読んだりすることもあるかもしれないが、このライブを始めた動機は、まず何よりも「140字のSudden Fiction Projectと、その作品群を多くの人に知って利用してほしい」ということと、「あわよくば書き手が増えて#140SFP 作品が増えて広まってほしい」ということに尽きる。

そのためにCDもつくり、オンラインでも配信し、そして自らが人前に出ることを決意し、サポートしてくれる仲間達に支えられながらお客さんを呼んでライブ形式で作品を披露して、少しでも面白がってもらおうとしているのだ。

自分で書いた作品なので、多くの作品は2011年の3月当時、あるいは2016年4月の熊本地震後の日々、どんな人に向けてどんな思いを込めて(場合によっては、ふだんはまりやらないような配慮や表現への制限を設けて)書いたか知っている。

だからライブでは、多くの作品について作品解説を加えながら読む。そしてたった140字以内なので描写しきれていないニュアンスを必要に応じて足す。それも、子どもたちに面白がって聞いてもらうため、ということを念頭に、できるだけ面白く、聞いていて楽しく、ワクワクするように読む。
 
余計なニュアンスをつけないどころか、多くの作品ではさまざまにニュアンスをつける。第2回目(通称「+3 set」)のライブでは歌まで歌った。なぜならその作品を書いたときにそのメロディーが浮かんでいたからだ。
 
というわけでぼくのライブはおよそ朗読らしくない。けれども肝心なのは「正しい朗読」をすることが目的ではないということだ。朗読は手段であって目的ではない。例えばぼくの場合は「140字のSudden Fiction Project」というものを知ってほしい、面白がって興味を持ってほしい、できれば目で見て読んでほしいし、本当は大人たちが子どもに読んで聞かせてほしい。それが避難所で読まれるのなら当初念頭にあった通りだけれど、忙しくて親子の時間がなかなか取れない家庭で読んでもらえるのもいい。そんな風に「実用的」に読んでもらえることこそが理想的な状態だ。

なら、面白く、楽しく、好奇心をそそる形で提供したい。その役に立つのなら、ニュアンスを足すことも、なくすことも、最適な方策を探る。

そういう風に考えている。

そして、それは今後、ぼくがたくさんの人々に向けて「こんな風に朗読をしようよ」と呼びかけるときにも基本スタンスとしては同じでよいと思う。

まず読むに値するテキストがあって(それは音楽的に素敵だからかもしれないし、テーマが優れているからかもしれないし、読む人をワクワクさせるものがたりだからかもしれない)、読む人がいて、聞く人がいて、読む人はテキストの届けたい大事な部分を聞く人の中に届け、聞く人の心を動かし、ときには体を動かす。その目的のために使えることは何でもやる。必要があれば歌も歌うし、必要があれば声色も使う。届けるのに余計なことなら、しない。

そういう基本スタンスは、「正統派」かどうかは関係ない。自分にできる最良の手法を見つけてそれで届ける。そのことを大事に、そのことだけを守りながら取り組んでいきたい。

そんな風に考える。次回からはSFPから離れた朗読全般の話に進むが、それは自分のライブにもつながることと信じ、あれこれ追求していきたい。朗読もテツガクしよう!
【近況報告】ストーリーテラー for SALE!(高階記)
2017年 05月 08日 (月) 10:28 | 編集
メールでもご案内した内容ですが、メールで繋がっていないみなさまのために。

出世魚というのがおりますが、犬のお父さんで有名なソフトバンクモバイルはまさに出世魚のような会社でして。一つ前の名前がボーダフォン。その前の名前はJ-PHONE。で、その前の名前は(関東甲信越エリアでは)東京デジタルホンでした。
 
高階は1997年、東京デジタルホンが「コミュニケーションネーム」として「J-PHONE」を採用したタイミングでそのプロジェクトチームの一員に加わりました(このチーム、いまに残る業績としては、写メールという言葉を世に送り出しました。まさにその言葉が生まれる現場に居合わせることができたので、その話もしたいですが、それはまた後日に譲ります)。
 
で、その当時、東京デジタルフォンの広告宣伝担当の女性に面と向かって「謎のコピーライター」と呼ばれたことを懐かしく思い出します(笑)。はっきりと口に出してそう言ったのは彼女が最初ですが、思えばこれまで繰り返し「何の仕事をしている人かよくわからない」と言われ続けてきました。まあ、そういう仕事で、そういう仕事ぶりなんですね。
 
最近になって、自分の仕事について一つ明快になったことがありまして。ぼくは仕事でもプライベートでもストーリーテラーなのであります。
 
例えば仕事で言えば、ある商品が世に及ぼす影響を語り、ある企業が世界をどう変えるかという未来像を語り、時には社会そのものがどのように変化していくのかを語る。プライベートに関して言うと、Facebookなどでつながっている方には解説するまでもありませんが、ぼくは日々ものがたりを紡ぎ続けてきましたし、この先も止めることはないでしょう。
 
仕事でもプライベートでもやっていることは同じです。
 
・まだ誰も目にしたことも手にしたこともない商品やサービスが世の中に出た時のことを描く。
・まだ誰も思い描いていない変化した先の未来を説得力豊かに仮想し提示する。
・場合によっては考えられるいくつもの異なる平行世界のシナリオを語る。
 
1つの優れたストーリーを見つけることもあれば、複数のシナリオのどれが一番現実味があるかを比較検討したり、そのどれが実現するのが望ましいのかを見定め力を集中するためのマルチシナリオを提示することもある。そうしてややこしい時代のややこしい出来事についてさまざまな角度から考えることや、新商品は誰に届くべきか、どのような場所で手に入るようにすべきか、どれくらいの価格がよいかが見えるようになる。
 
ぼくがやってきたことの本質はそこにあり、これからやっていきたいこともそこにあります。世の中に「コピーライター」という職業はありますが、残念ながら「ストーリーテラー」という職業はないので、相変わらずわかりづらいことには変わりがありません。けれど、ご自分のストーリーを必要としている人や、未来が見えるストーリーを必要としている会社は間違いなくたくさんおられることでしょう。
 
あえて申し上げます。
 
高階はストーリーテラーという仕事をしております。あなたの人生の、あなたのお店の、あなたの会社の、「これまで」や「いま」や「これから」のものがたりを、目に見える形にして読みたくありませんか? あるいは耳に聞こえる形にして聞きたくありませんか? ご要望があればどうぞ気軽にお声がけください。個人、会社を問いません。
 
末尾にライブの宣伝を。

5/26に開催する「ものがたりの生まれるところ」は、あくまでもプライベートなもので、飲み物片手に楽しむ、ゆるーいお楽しみ会に過ぎませんが、高階經啓が何者なのかをお伝えする体験型のショーです。
 
大いに笑いながら「謎のコピーライター」の正体を覗きに来てください。ちなみに前回のライブでわかったこととして、その場でみなさんからいただいたお題を元に、15分間、目の前で執筆の様子をプロジェクターでお見せし、本人が書きながら実況解説する「即興創作」の時間がどうやら最も面白いようです。「人間行動観察」とネーミングされました。どうぞお見逃しなく!
 
●ものがたりの生まれるところ(SFP_live! 2nd)

 
 
***公演情報***

5月のプレミアムフライデーに、人からお題をいただいておはなしを書く高階經啓のライブ「ものがたりの生まれるところ」を開催します!
 
・Twitterで配信できるサイズの、とっても短いものがたりの朗読
・その場でいただいたお題で目の前で執筆する即興創作
・そして発展形である「SFPエッセイ」作品の朗読。
 
80分足らずの短いライブですが、盛り沢山にお楽しみいただけます。ぜひぜひ遊びにいらしてください。
 
●公演概要
【日時】5/26(金)
 19:00-20:15(75分)
 
【料金】1500円(税込)
 
【会場】MAREBITO
 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 八重洲優和ビル 2B
 電話 03-3555-9898
 
MAREBITOイベントならではのスタイルとして、飲み物は持ち込み自由です。お酒でもソフトドリンクでも飲みながらのんびりお楽しみください。終演後は近くで軽く打ち上げを予定。おしゃべりしたい人はそちらもあわせてどうぞ!?
 
去る3月「140字のSudden Fiction Project」ライブとして始まった企画の第2弾です。
 
世の中のどこにも前例のないイベントですので、説明しにくいですが、前回のイベントページでなんとなく雰囲気をつかんでくださいませ。
●2ステージ!「140字のSudden Fiction Project」ライブ(朗読&即興創作&書き方講座)


スタジオLENZのゆる〜い動画③「動画、いいんじゃね?」というきっかけの作品
2017年 04月 18日 (火) 17:00 | 編集
ゆる〜いシリーズをゆる〜く続けています。
シリーズものは順番に読まなきゃ気が済まない!という方はまずはこちらをご覧あれ。

スタジオLENZのゆる〜い動画①見た人が自分も作りたくなる親近感
スタジオLENZのゆる〜い動画②アニメーションに手を出す!

気にならない方はこのままどうぞ。
今回は、そもそも①やら②やらの動画をせっせとつくるようになったきっかけについてお話しします。
つまり、ある意味ではこれが「はじまり」の話でもあるのです。

前にも書いたように、Facebookページの記事を更新する中で、単なる文字だけのものよりは写真付きのもの、ただ写真だけのものよりはスライドショーで動かしたものの方が、多くの人の目に触れているということがわかってきました。

ちょっとだけ理屈っぽい話になりますが、Facebookページには「インサイト」という機能があって、過去の投稿を一覧したり「人気の動画」を確認したりできるのですが、実はいまに至るまでトップの座を譲らない動画があって、これがすべてのきっかけとなりました。【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】とタイトルをつけたこの動画です。

[広告] VPS


なぜそんなに見られているのか。いくつか理由は考えられます。

・最初のパスタを敷き詰めた画像が美しく、同時に「なんだこれ?」と興味を引きつける。

・色とりどりのパスタ(それは古代小麦や全粒粉などバラエティに富んだ小麦の種類のおかげ)の物珍しさ。

・音楽がそれまでの「やさしさ、天然」とは違ってロックスピリットで新鮮だった。

などなど。けれど、本当のところはわかりません。シェアはたった2件しかありませんし、純粋に「見られている」ということしかわからないのです。とにかく「動画、いいよね」ということになり、その後試行錯誤が始まります。そして再び多くの人に届いたのが、またしてもジロロモーニのパスタを扱った【LOVE Girolomoni!/今日は世界パスタデー!】でした。

[広告] VPS


Facebookページ「[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ」の動画としては、Progress制作のレシピ動画など、他にももっと見られているものがありますが、スタジオLENZ制作のものでは最初の【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】を越えられずにいるのがなんとももどかしく、早く追い抜きたいという闘志を燃やすもととなっています。次回は再びアニメーション編をお届けします。ゆるくて笑えるシリーズです。

【参考】スタジオLENZ制作のゆる〜い動画がたくさんアップされている(Progressさんのかっこいい動画もアップされている)Facebookページはこちら。

●[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ

ブログで紹介した2つの動画には記事も付いていました。
記事のタイトルのつけ方も再生回数に影響があるかもしれません。ご参考までにリンクを。

●【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】
●【LOVE Girolomoni!/今日は世界パスタデー!】
スタジオLENZのゆる〜い動画②アニメーションに手を出す!
2017年 04月 12日 (水) 10:39 | 編集
前回の「スタジオLENZのゆる〜い動画①見た人が自分も作りたくなる親近感」の続きです。

スタジオLENZなんて書いてますが、この一連の動画を作るまでは動画制作なんてしたことがない素人です。とあるきっかけがあって、「どうやらFacebookでは動画への反応がいいようだな」と気づいたので、そこから動画制作に踏み込みました。そのきっかけについては次回にゆずるとして。

というわけで、カメラもiPhone6レベル、編集ソフトも(マシンの関係で)一昔前のiMovie、もちろん動画制作の経験は皆無といっていい(8mm映画に出演したのを経験といっていいなら経験がなくもないが)。なので、専門家にはできない線を狙って「見た人が自分も作りたくなる親近感」を落とし所と捉えました。

でも、だんだん欲が出てくるんですね。もともと「おはなし」「ものがたり」をつくるのが大好きな(というよりそれしかできない)ストーリーテラーですし。そこでストーリーものを思いついてしまうわけです。「トリオ・フジッリ」という三つ子のショートパスタが登場するシリーズです。

その絵コンテがこれ。ちなみに第1作はインフルエンザで朦朧としながら描きました(その時点ではただの風邪と思っていたんですが)。

トリオフジッリ1

で、それを動画にするとこうなります。

[広告] VPS

【脚本・絵コンテ・選曲・監督】LENZ代表 【コーディネート・撮影・編集】LENZ副代表

簡単に意図を説明すると。

・「フジッリ」という言葉が日本ではまだまだ耳慣れない。なので、シリーズものにして覚えてもらおう。

・世界的にはパスタといえばショートパスタが主流なのに、日本ではスパゲッティー先行で上陸したためか、いまなおロングパスタが主流なので、ショートパスタの人気を高めたい。

・ジロロモーニブランドがイタリア発なので、イタリアっぽいネタ、地中海っぽいネタを入れたい。

・ジロロモーニブランドがオーガニック(創業者のジーノ・ジロロモーニ氏はイタリアや地中海の有機農業のパイオニアです)なので、そういうネタも仕込みたい。

・「ジロロモーニ 有機フジッリ」と「地中海の天日塩」の相性の良さも訴えたい。

・とはいえ説明的・教科書的な「インフォマーシャル」はつまらないから、少々遊んだことをやりたい。

などなど考えたわけです。そして、この時点ではまだ保証はありませんでしたが「シリーズ化したい」という野望を掲げていました。第2弾もそのうち紹介します。その前に、動画制作のきっかけとなった2本もご紹介します。

【参考】スタジオLENZ制作のゆる〜い動画がたくさんアップされている(Progressさんのかっこいい動画もアップされている)Facebookページはこちら。

●[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ

ブログで紹介した動画には記事も付いていました。
記事のタイトルのつけ方なども再生回数に影響があるかもしれません。ご参考までにリンクを。
●【おさらいしよう「さしすせそ」/塩の「し」/LOVE! Girolomonii!】
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...