クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スタジオLENZのゆる〜い動画③「動画、いいんじゃね?」というきっかけの作品
2017年 04月 18日 (火) 17:00 | 編集
ゆる〜いシリーズをゆる〜く続けています。
シリーズものは順番に読まなきゃ気が済まない!という方はまずはこちらをご覧あれ。

スタジオLENZのゆる〜い動画①見た人が自分も作りたくなる親近感
スタジオLENZのゆる〜い動画②アニメーションに手を出す!

気にならない方はこのままどうぞ。
今回は、そもそも①やら②やらの動画をせっせとつくるようになったきっかけについてお話しします。
つまり、ある意味ではこれが「はじまり」の話でもあるのです。

前にも書いたように、Facebookページの記事を更新する中で、単なる文字だけのものよりは写真付きのもの、ただ写真だけのものよりはスライドショーで動かしたものの方が、多くの人の目に触れているということがわかってきました。

ちょっとだけ理屈っぽい話になりますが、Facebookページには「インサイト」という機能があって、過去の投稿を一覧したり「人気の動画」を確認したりできるのですが、実はいまに至るまでトップの座を譲らない動画があって、これがすべてのきっかけとなりました。【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】とタイトルをつけたこの動画です。

[広告] VPS


なぜそんなに見られているのか。いくつか理由は考えられます。

・最初のパスタを敷き詰めた画像が美しく、同時に「なんだこれ?」と興味を引きつける。

・色とりどりのパスタ(それは古代小麦や全粒粉などバラエティに富んだ小麦の種類のおかげ)の物珍しさ。

・音楽がそれまでの「やさしさ、天然」とは違ってロックスピリットで新鮮だった。

などなど。けれど、本当のところはわかりません。シェアはたった2件しかありませんし、純粋に「見られている」ということしかわからないのです。とにかく「動画、いいよね」ということになり、その後試行錯誤が始まります。そして再び多くの人に届いたのが、またしてもジロロモーニのパスタを扱った【LOVE Girolomoni!/今日は世界パスタデー!】でした。

[広告] VPS


Facebookページ「[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ」の動画としては、Progress制作のレシピ動画など、他にももっと見られているものがありますが、スタジオLENZ制作のものでは最初の【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】を越えられずにいるのがなんとももどかしく、早く追い抜きたいという闘志を燃やすもととなっています。次回は再びアニメーション編をお届けします。ゆるくて笑えるシリーズです。

【参考】スタジオLENZ制作のゆる〜い動画がたくさんアップされている(Progressさんのかっこいい動画もアップされている)Facebookページはこちら。

●[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ

ブログで紹介した2つの動画には記事も付いていました。
記事のタイトルのつけ方も再生回数に影響があるかもしれません。ご参考までにリンクを。

●【LOVE! Girolomoni!!/ジーノ・ジロロモーニは考える…】
●【LOVE Girolomoni!/今日は世界パスタデー!】
スタジオLENZのゆる〜い動画②アニメーションに手を出す!
2017年 04月 12日 (水) 10:39 | 編集
前回の「スタジオLENZのゆる〜い動画①見た人が自分も作りたくなる親近感」の続きです。

スタジオLENZなんて書いてますが、この一連の動画を作るまでは動画制作なんてしたことがない素人です。とあるきっかけがあって、「どうやらFacebookでは動画への反応がいいようだな」と気づいたので、そこから動画制作に踏み込みました。そのきっかけについては次回にゆずるとして。

というわけで、カメラもiPhone6レベル、編集ソフトも(マシンの関係で)一昔前のiMovie、もちろん動画制作の経験は皆無といっていい(8mm映画に出演したのを経験といっていいなら経験がなくもないが)。なので、専門家にはできない線を狙って「見た人が自分も作りたくなる親近感」を落とし所と捉えました。

でも、だんだん欲が出てくるんですね。もともと「おはなし」「ものがたり」をつくるのが大好きな(というよりそれしかできない)ストーリーテラーですし。そこでストーリーものを思いついてしまうわけです。「トリオ・フジッリ」という三つ子のショートパスタが登場するシリーズです。

その絵コンテがこれ。ちなみに第1作はインフルエンザで朦朧としながら描きました(その時点ではただの風邪と思っていたんですが)。

トリオフジッリ1

で、それを動画にするとこうなります。

[広告] VPS

【脚本・絵コンテ・選曲・監督】LENZ代表 【コーディネート・撮影・編集】LENZ副代表

簡単に意図を説明すると。

・「フジッリ」という言葉が日本ではまだまだ耳慣れない。なので、シリーズものにして覚えてもらおう。

・世界的にはパスタといえばショートパスタが主流なのに、日本ではスパゲッティー先行で上陸したためか、いまなおロングパスタが主流なので、ショートパスタの人気を高めたい。

・ジロロモーニブランドがイタリア発なので、イタリアっぽいネタ、地中海っぽいネタを入れたい。

・ジロロモーニブランドがオーガニック(創業者のジーノ・ジロロモーニ氏はイタリアや地中海の有機農業のパイオニアです)なので、そういうネタも仕込みたい。

・「ジロロモーニ 有機フジッリ」と「地中海の天日塩」の相性の良さも訴えたい。

・とはいえ説明的・教科書的な「インフォマーシャル」はつまらないから、少々遊んだことをやりたい。

などなど考えたわけです。そして、この時点ではまだ保証はありませんでしたが「シリーズ化したい」という野望を掲げていました。第2弾もそのうち紹介します。その前に、動画制作のきっかけとなった2本もご紹介します。

【参考】スタジオLENZ制作のゆる〜い動画がたくさんアップされている(Progressさんのかっこいい動画もアップされている)Facebookページはこちら。

●[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ

ブログで紹介した動画には記事も付いていました。
記事のタイトルのつけ方なども再生回数に影響があるかもしれません。ご参考までにリンクを。
●【おさらいしよう「さしすせそ」/塩の「し」/LOVE! Girolomonii!】
スタジオLENZのゆる〜い動画①見た人が自分も作りたくなる親近感
2017年 04月 05日 (水) 17:14 | 編集
2016年のLENZでは新しい動きが2つあって、一つは動画制作を始めたことと、4コママンガを武器にしたことだ。4コママンガについてもいずれまとめるが、まずは動画についてつらつら書く。いまはロッカクでブランディングに関わる様々な作業をお手伝いしている、ナチュラル&オーガニックフードの創健社さんのFacebookで展開している一連の動画を。
 
LENZは動画のプロではない。そこで狙ったのはちょっと見て「これなら自分もつくってみようかな」と思えるような親しみやすい動画だ。
 
初期にはFacebookの「スライドショー」を利用したものをいくつかアップしたが、これはあくまでも設定した写真を等間隔に表示するだけのものだ(1枚当たりの表示時間を0.5秒、1秒、2秒、3秒、4秒、5秒に設定できる)。さすがにこれではストーリーものは展開できない。

(例)「もちきび」で月見用の「きびだんご」をつくる「KibidanGO」という動画。FBスライドショーにて作成。
[広告] VPS


そこでiMovieを使ってごく簡単な動画をつくることから試しはじめた。動画そのものはシンプルなものだが、音楽をかぶせてタイミングを調整するとちょっとしたストーリー性が出てくる。

(例)食べ物の影響を受けやすい小さな子どもだからこそ、人の家に「おもたせ」するお菓子も気をつけたいという動画。
[広告] VPS


そして、いよいよアニメーションに手を出すことになる。それは次回。
 
【参考】スタジオLENZ制作のゆる〜い動画がたくさんアップされている(Progressさんのかっこいい動画もアップされている)Facebookページはこちら。

●[創健社] LOVE > FOOD > PEACEファンコミュニティ

ブログで紹介した動画には記事も付いていました。
記事のタイトルのつけ方なども再生回数に影響があるかもしれません。ご参考までにリンクを。
●【つくってみた/お月見団子をきびだんごで】
●【お菓子もLOVE > FOOD > PEACE!/お子さんのおもたせに】 
【新年度につき/よろずご相談承ります】(高階記)
2017年 04月 03日 (月) 10:04 | 編集
Facebookなどでつながりのあるみなさんは先刻ご承知の通り、高階は個人的にライブ活動(ミュージシャンじゃないのに!)を始めたりしていますが「LENZ LLC.としても、コピーライターとしても、もう一働きしたい!」と考えております。
 
この10年ほどお仕事を通じて「森」「食」「防災」などに深く関わるようになりました。それらを深く知る中で身につけた視点があり、LENZの強みができたと考えています。それは「四半期ではなく、数世代先を見る」ということで、これを軸足にしていることが特徴です。
 
正直に言えば、これは昨今の感覚からはズレています。ビジネスでも政策でも教育観でも「短期で成果を出さなければ無価値」と見なされがちな時代です。ただしズレてはいますが、時には数世代のパースペクティブを持つ視点が必要な時もあります(本当は「時には」ではなく、「常に」必要なんですが、そういうことを言うと煙たがられますね)。
 
ここまで読んで「一理ある(ないしは百理ある!)」と感じた方、ご一緒にちょっと頭の体操をしませんか? 「四半期!営業成績!結果成果!」という日々の中で「いや待てよ。こんなことはいつまでも続けられるもんじゃないぞ」と立ち止まったことのある方、お話をしたいです。ぜひお声がけください。
 
こういった視点を高階に気づかせてくれたのは「食」「森」「防災」でしたが、特にジャンルは限定しません。かつて数年単位で深く関わった仕事には「自動車」「飲料(アルコール)」「携帯電話キャリア」「インターネット機器」「伝統芸能」「全国紙」などあり、多種多様です。なんでも好奇心旺盛に取り組みます。
 
高階個人の興味・関心の領域がそれにとどまらないことは、これまたSNSでつながりのあるみなさんはご存知の通りです。通常、面倒臭がられがちな「うまく人に伝えにくいことを伝える手法を探し当てる」ことが、ほとんど趣味のように好きなのです。極めて専門的な領域がテーマであっても歓迎します。
 
仕事の規模も問いません。企業のブランディングや製品やサービスの広告だけでなく、個人(個人事業主)の「何を相談したらいいかもよくわからない」という段階でのお悩みもご一緒に考えたいです。気軽にお声がけください。一つの目安として、1時間5000円のご相談から年棒5000万円まで(笑)を掲げておきます。
 
(なんだかエイプリルフールっぽい文章ですが、4月3日、世間の新年度開始に合わせて書いています。足を使って、耳も使って、手と口も動かして、頭もせっせと働かせますよ!)
【3/26予約受付中】2ステージ!「140字のSudden Fiction Project」ライブ(朗読&即興創作&書き方講座)(高階記)
2017年 03月 19日 (日) 10:47 | 編集
#140SFP_live170326

2017年3月26日に小さなライブイベントを開催します。
「140字のSudden Fiction Project(#140SFP)」ライブは、
 朗読&即興創作(おまけで140字のSFPの書き方講座)という、
ちょっと欲張りな企画です(詳しくは「公演概要」のあとに)。

●公演概要
【日時】3/26(日)
 13:30-14:45(75分)
 16:30-17:45(75分)

【料金】2000円(税込)[朗読CD付き&即興作品プレゼント]
 ※2回ともご覧いただく場合
 お渡しするCDが半券代わりとなり1,000円でご入場いただけます。

【会場】MAREBITO
 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 八重洲優和ビル 2B
 電話 03-3555-9898 http://mare-bito.com/


●ご予約方法
 ①お名前 ②人数 ③ご希望の回(13:30〜/16:30〜/両方)を明記の上
 va7t-tksn★asahi-net.or.jp(★印を@に変更)宛にご予約ください。
 予約受付メールお返ししますので、完了となります。

MAREBITOイベントならではのスタイルとして、飲み物は持ち込み自由です。お酒でもソフトドリンクでも飲みながらのんびりお楽しみください。終演後は近くで軽く打ち上げをしますので、おしゃべりしたい人はそちらもあわせてどうぞ!?


●もっと詳しく
[朗読]311直後に始まった通称「#140SFP」※の中から厳選の作品を上演します。各回25編を朗読する予定です。
 13:30は通し番号1,6,11,16……の23編、
 16:30は通し番号2,7,12,17……の23編、
 さらにセレクトした2編を加えた25編です。

[即興創作]来場者からその場でいただいたお題に「15分間で即興創作の様子を実況しながら書く」ことに挑戦(お題をいただいた方には後日書き、全員にプレゼントします)。

[おまけ]みなさんも「#140SFP」作家になって作品をアップしてみませんか?という呼びかけ。

Facebookの「イベント」で事前情報を時事刻々と流しています。「興味あり」をクリックしてお楽しみください。
https://www.facebook.com/events/654744188062690/



※140字のSudden Fiction Project(#140SFP)とは?
 2011年3月14日、津波や原発事故の映像ばかり流れ、大人が殺気立つ中、被災地で、あるいは被災地以外でもこわいを思いをしているであろう子どものために(ほんとを言うと大人のためでもあったんですが)ごく短い、1分あれば読み聞かせできる「おはなし」を届けようと、高階の提唱で始まったものです。
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...