クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝福と呪詛のあいだで/災害または救済としてのキラーコンテンツ考(高階記)
2016年 07月 24日 (日) 10:28 | 編集
かつて家庭用ゲーム機が登場し、普及し始めた頃よく言われたのが、「テレビ画面に何が映っているか、これからは時間の奪い合いだ」みたいな話だった。
 
初期のテレビは、いまで言うところのアナログ地上波しか映らなかった。争いはテレビ局間に限られていた。やがてゲームが映る時間が増え、衛星放送だのケーブルテレビだのが映る時間が増え、ネットも閲覧できるようになり、各者入り乱れての「時間争奪戦」になっていった。
 
いま起きているのは、それのスマホ版だ。
 
その画面に何が映っているか。自社のアプリやらサイトやらが、できるだけ長時間表示されたい!という人たちがいる。表示時間を増やすために高い広告費を払って誘導し、利用させようとする。長く表示されることで今度は自分たちが媒体になって広告掲載料をとったり、長時間、ディープにプレイしてもらうことでアイテム課金で稼いだり、そういうビジネスモデルでやってきた。彼らにとって「ポケモンGO」はまさに悪夢の始まりにほかならない。
 
   *
 
想定外の破壊力を持ったキラーコンテンツの登場は、スマホアプリ業界の住人にとっては、計り知れないパワーで襲った激甚災害だと言って言い過ぎではないだろう。
 
広告費に換算したらいくらになるのか考えられないほどのニュースが、ネットで、テレビで、新聞で、その他のメディアで、がんがん流れて、いまや「ポケモンGO」という単語を知らずに生きていくのが難しいほどの有様だ。他のアプリの出番はなきに等しい。彼らのいままでの努力がたった1日で(ほんの一瞬でと言うべきかもしれない)吹き飛ばされてしまった。
 
いや。「他のアプリの出番」どころじゃない。
 
参院選とか、都知事選とか、熊本とか、高江とか、テロとか、パナマ文書とか、保育所とか、改憲とか、集団的自衛権とか、どの一つを取っても語り尽くせないような数々のテーマが、人々のマインドシェアのはるか末尾に追いやられてしまいかねない状況だ。
 
輝かしい成功を収めつつあるゲームアプリには素直に祝福を送ろう。けれど同時に、その「輝き」の陰で蓄積されるであろう呪詛のこともはっきり意識しておきたい。それを忘れて「輝き」に見とれてしまうのはあまりにも危険に思える。
 
   *
 
一方で、ここまですさまじいパワーを持ったものが現れた以上(上にも書いた通り、それはもう甚大な自然災害に匹敵するパワーだ)、その力を上手に利用して、さまざまな課題解決に役立てるという視点もあっていい。チャリティ的な課金アイテムが生まれるかもしれないし、投票率を高めるインセンティブが投票所に現れるかもしれない。
 
先日紹介した自閉症スペクトラムの傾向を強く持つ子どもに与えた影響のこと、保健所のイヌが殺処分を免れた話などなど、思いもよらない「好ましい効果」もどんどん出てきている。それを大事に育てていく流れも生まれるだろう。「呪詛」もまた、今までとは全く違う新たなチャンスの入り口を教えてくれるのではなかろうか。
 
iPhoneアプリ開発に関わる者のはしくれとして、災害と決めつけるでなく、救済と決めつけるでなく、この破壊的なエネルギーとどう向き合うか、考えたい。

※この記事は、「小倉さんは考えた/ポケモンGOに殺されるアプリ市場と広告市場」の指摘に感銘を受けて書きました。ありがとうございます。
スポンサーサイト
ポケモンGO日本初日の憂鬱(高階記)
2016年 07月 22日 (金) 21:05 | 編集
「ポケモンGOを研究して、ポケモンGOみたいな大ヒットゲームをいますぐつくれ!」と、号令をかけるアンポンタンな上司と、それを聞いて頭を抱えるゲームアプリ開発陣──というような情景がきっと世界中で展開されるんだろうなと思うと少し憂鬱になる。
 
「ポケモンGOみたいなゲームをつくれ!」とすでに口走ってしまった上司の皆さんと、週明けにそう言おうと思っていた上司の皆さんは、これを読んで猛省していただきたい。
 
   *
 
ポケモンもIngressも全く知らない人は、任天堂がたまたますんごい大ヒットゲームを開発したんだと思ってしまうかもしれないが、もちろんそれはとんでもない勘違いだ。
 
ポケモンには1996年の発売以来、紆余曲折はあったものの世界的な大ヒットゲーム・アニメ・映画etc.へと成長した20年超の歴史があり、そのファンだった子どもたち(上はもう35歳くらいから現役の子どもまで)と、子どもに付き合ったその親たち(上は60歳くらいまでいくだろう)と、「親子2世代×20年分」という膨大な数の、ファンと呼んでも差し支えない人々が、その世界観をあらかじめ理解している。
 
それに比べて、Ingressというスマホゲームは正式運用が2013年暮れと、わずか2年半しか歴史がないものの、その間、ユーザーと運営が協力しあって全世界500万カ所(たぶん)に「ポータル」と呼ばれる緯度経度情報を持つスポットを埋め込みまくった。ナイアンティック社は、そのGoogle Mapをベースにした地図情報を使ったゲーム用プラットフォームという強力な「インフラ」を持っている。これは誰にもすぐには真似できないし、どう転んでも太刀打ちできない財産だ。
 
全世界にかかえるポケモンファンとその周辺の人々、そしてナイアンティック社が持つ地図情報、そしてそれを使ってゲームとして遊ぶためのプラットフォームなくしては成立しない成功なのだ。スマホの中だけで完結するようなゲームとは背景が全く違うのだ。
 
でも「ポケモンGOってのがパッと出てきて大成功を収めた。ああいうのをやれ!作れ!」と言ってしまう人はそういうことを全く知らないし、理解もできない。丁寧に説明してもたぶん理解できない。言われた方は頭を抱えるしかない。
 
当分、その手のゲームデザイナー、アプリ開発者の憂鬱が続くことは間違いないだろう。
 
   *
 
ポケモン世代の子どもを持つ親であり、にわかIngressアディクトでもあるぼくは、しかし、全然別な理由でまだポケモンGOを使っていない。この数ヶ月間、ぼくにとってひそかな愉しみだったIngressのポータルが、何だかわからない熱を持った人々の溜まり場になってしまっているのかと考えただけでもうんざりしてしまう。だから今日はまだ何もしないまま家に引きこもっている。ぼくにはぼくの憂鬱があるのだ。
個人を徹底的に尊重&同調圧力への抵抗(高階記)
2016年 07月 07日 (木) 08:32 | 編集
ふと思いついて、ふと書き付けてみたら、自分の中がすっきり整理できた気がするので書き付けておく。

「多様な個人を徹底的に尊重する」のか「お上に反する個人の勝手は許さない」のか「その間のバランスをとる」のか。その価値観が問われている。目先の選挙に限らず、あれやこれや全ての一見複雑な争点はそれでだいたい説明がつくんじゃなかろうか。

教育もそう。防災もそう。外交もそう。信教もそう。表現もそう。居住や職業選択もそう。学問もそう。婚姻もそう。社会福祉や社会保障、公衆衛生みんなそう。放送・通信やエネルギーもみんなそう。たぶん、大きな問題になっていることも、つきつめて「そこに個人を尊重する姿勢はある? 同調圧力に従わせようとしてない?」という視点を持ち込むと整理しやすくなる。

ぼくが一番危険だと思う状態は「まわりに合わせろ」「普通になれ、普通にやれ」「空気を読め、自粛しろ」という同調圧力やら無言のプレッシャーが働く世の中。そっちに向かいそうな現象を全力で食い止める。それが基本方針かな。

「同調圧力反対」なので、もちろん異論反論コメント、大歓迎です。
【SFPメモ/そんなことをして何の役にたつ?】(高階記)
2016年 06月 05日 (日) 06:30 | 編集
“「そんなことをして何の役に立つ」って? 木が何かの役に立とうなんて考えるか? 太陽は何の役に立とうと思って燃えてるのかい?”(オリヘナッツ・アニシャカート備忘録より)
 
「そんなことをして何の役に立つんだ?」
「何のためにそんなことをしているんだ?」
 
一見疑問文のようでいて、実際には「そんなもん役に立たんだろう」という上から目線の言葉。たまに見聞きするけれど、そもそも「あなたはどうして何かの役に立たなきゃいけないって考えるんですか?」と聞き返したくなることがある。

あるいは、そのフレーズは「あなたのしていることが理解できないくらいに想像力が乏しいです」という自白にすぎない、ということじゃないですかと言いたくなることもあるけれど、波風を立てたくないので黙っている。
新作『Silently She Dances(静かなるダンス)』のご案内
2016年 05月 15日 (日) 08:10 | 編集
Leo+DK.jpg

久々の新作のお知らせを。

新作『Silently She Dances(静かなるダンス)』のプロジェクトは、世界を股にかけて各地のミュージシャンやダンサーとコラボレーションを繰り広げる、和太鼓奏者のレナード衛藤さんの声掛けで始まった。
 
2015年の大晦日、ぼくはレナードさんに同行して都内の某事務所を訪れた。
 
そして、デーモン閣下に拝謁することとなった!

レナード衛藤さんはデーモン閣下がまだ「世をしのぶ仮の姿」のままで生活されていた時期からの長いつきあいで、過去にも何度も共演したことがあるという。中でも「演奏と朗読」というスタイルの公演がいくつかあり、朗読には定評のある閣下にお出ましいただくというのが今回の企画の骨子だった。

朗読にデーモン閣下を招いて、演奏やダンスをレナード衛藤さん率いるブレンドラムスというユニット、そして脚本を原作ものではなくオリジナルで用意したいということで、急遽、不肖・高階經啓に声がかかったという流れ。大晦日の午後、4時間近いミーティングを終えてそれぞれが準備に取り掛かった。
 
オーダーは、レナードさんがこれまでの演奏家人生を通じて感じ考えてきたことを、今後の活動のための個人的な「バイブル」として参照できるようなテキストを欲しいというもの。期間も極めて限られていて、リクエストの内容もものすごくハードルの高い話ではあるものの、それだけに挑戦のしがいがあると考えお引き受けすることにした。
 
企画骨子を1月末に受け取りそこからは七転八倒、第1稿、第2稿とお互い手探り状態が続き、第3稿でついにブレイクスルーを発見。そこからは上演台本にするための修正作業に入り第5稿で完成。デーモン閣下の朗読と、林正樹さんのピアノ、そしてレナードさんの太鼓という本番スタイルでのリハーサルも充実したものとなり(その場でどんどん新しいアイディアも出てくるし、オリジナルの歌も生まれてしまう!という非常にクリエイティブな現場)あとは上演を待つばかり。
 
5/20(金)の広島クラブクアトロが世界初上演の幕開けとなります。何としても見たい!と思いつつ、ぼくはその日東京を離れることができません。どうか広島にお住いの方、あるいは広島をよくご利用の方、ぜひぜひ足をお運びください。翌週5/27(金)には渋谷duo Music Exchangeにて東京公演があります。こちらは残席僅少とのことです。お問い合わせください。広島はまだ席数を増やして対応できると聞いています。広島公演が狙い目です。

詳しい公演情報はこちらをご覧ください。

リハーサルを終えたあと閣下の一言がどういう公演かを物語っていると思います。
「映像作品もつくるべきだ。今度の公演には準備が間に合わないだろうから早く再演しよう」
どうぞお見逃しなく!
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。