FC2ブログ
クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
探しているのは金のストーリーですか、銀のストーリーですか?(高階記)
2018年 08月 20日 (月) 13:29 | 編集
残暑お見舞い申し上げます。
ストーリーテラーの高階(LENZ LLC.)です。
 
このところ光の感じ、風の感じが「もう秋だな」と思わせるものがあります。
暦の上ではとっくに立秋を過ぎているので当たり前ともいえますが。
 
お盆を過ぎると、今年も終盤という気分になってきます。
1~4月が序盤、5~8月が中盤、9~12月が終盤とすれば、
少々気が早いですが、
終盤の4カ月をどう過ごそうかと頭が切り替わります。
そこで自分の尻を叩くためにもこうしてご挨拶申し上げます。
 
   *
 
必要している方に「ストーリー」を提供する。
 
これまでLENZでやってきたことはそれにつきるのですが、
今後、これをさらに推し進めていきたいと考えています。
必要としている方であれば、企業・個人・サークルなど問いません。
 
・「自分(たち)は何者か」という自己紹介が苦手
・製品やサービスの魅力をうまく伝えきれていない
・舞台・映像・ウェブ・広告・ゲームなど表現の設計図となるストーリー(シナリオ)が欲しい
 
など、思い当たるところがある方は、なんでもお題を投げかけてください。
 
イソップ童話に「金の斧」というのがあるのをご存知かと思います。
「あなたが落としたのは金の斧ですか? 銀の斧ですか?」という、例のアレです。
それにからめて言えば、
金のストーリーや銀のストーリーを求める方には残念ながらお役に立てません。
 
誠実に丁寧に仕事をしている人や企業は、
あるいは誠実で丁寧なものづくりで生まれた製品やサービスは、
そのままで語るべきことが十分にありますし、魅力的なストーリーを内包しています。
 
それをきちんと目に見えるところに引っ張り出し、
誰にでもわかる形に仕上げるお手伝いをいたします。
無駄に飾る必要なんて全くありません。
鉄の斧がどんなに素晴らしいかを伝えましょう。
気軽にお声がけください。「ご相談無料(笑)」です。
 
   *
 
以下、近況報告を。
森、食、防災、地域、教育、発達など引き続き取り組んでいますが、
目下の個人的な関心事は

「いじめ」と「ブロック塀」

です。できれば多くの方に関心を持っていただきたい話なのでご紹介します。

 
【1】「いじめ」について
 
お仕事で企画から関わっている、毎日新聞「ソーシャルアクションラボ」で、
ラボ開設時のテーマ「子どもをいじめから守る」に数ヶ月間どっぷり向き合ってきて、
コピーにも書いた通り「1ミリ、世界をいい方へ」動かしたいと強く願っています。
 
いじめは子どもたちに限らず、大人の社会を含めあらゆる場面で起きます。
セクハラやパワハラと同じく「非対称な力関係」の元に起こるハラスメントであり、
加害者は自分を正当化し、被害者は自分を責める「思考の誤作動」が起きています。
あらゆるハラスメントは同根なので、いじめやハラスメントを生み出す構造を
社会全体で変えることができれば、大きな解決に向かうものと確信しています。

ぜひ、知恵と行動でご協力ください。
ソーシャルアクションラボはこちら→https://socialaction.mainichi.jp
 
 
【2】「ブロック塀」について
 
ライフワーク的に取り組んでいる防災(天災・人災・戦災対象)ですが、
今後は自分の領域を一点に絞り込んで行こうと考えています。
それは

「人が災害を“わがこと”と捉えるにはどうすればいいのか」

というものです。大阪北部の地震では、
1978年の宮城県沖地震以来、ずっと指摘され続けた危険なブロック塀が、
日本の社会では40年間も放置され続けてきたことが判明しました。
なぜ私たちは40年間も解決に乗り出さなかったのでしょうか?
 
続くいくつかの災害では、警報(特別警報)や避難勧告や避難指示が出ましたが、
それを自分に関係ないと聞き流してしまった人が大勢犠牲になりました。
なぜ私たちは災害を自分の命に関わることだと思えないのでしょうか?
 
街から危険なブロック塀をなくす、ということは極めて具体的で、シンプルで明快です。
しかもそれは
・通学通園する児童や生徒を守る。
・同じ道を使う大人も守る。
・大災害時に道を塞ぐと避難できなくなる問題を解消する。
・同様に消防救急活動ができなくなる問題も解消する。
というように、地域全体にとって防災力を高めることにつながります。
 
街から危険なブロック塀をなくすことがきれば、次は
他にも危険なものはないかチェックし、しらみつぶしにしていけます。
その解決に関わった地域の人全員が災害を「わがこと」と捉えるようになります。
ブロック塀に限らず街全体が災害に備えられるきっかけになります。
 
そう考えてこんな取り組みも始めています。よろしければご覧ください。
●写メ(死語?)で危険ブロック塀ゼロ!の会
 https://www.facebook.com/groups/201813503982404/

 
   *
 
ストーリーを次から次に量産することに関しては、
600篇を超える「Sudden Fiction Project」の作品群をご覧いただいているみなさんは
よくご存知だと思います。知らない方のためにリンクを。
 
【第6期】SFPエッセイINDEX【ほぼ完走】
 https://www.facebook.com/notes/sudden-fiction-project/774326285948847

※「Sudden Fiction Project」は、オンラインで公開し続けている高階の個人企画。最近は「虚構エッセイ」スタイルで200篇超を公開中。
 
こちらは「お題は頂戴してもお代は頂戴しない」方式で
コツコツたぶん死ぬまでやっています。
おヒマな時にでもご笑覧いただければ幸いです。
  
それでは気軽なご相談、お待ちしております(いつも長ったらしくてすみません)。
【近況報告】ストーリーテラー for SALE!(高階記)
2017年 05月 08日 (月) 10:28 | 編集
メールでもご案内した内容ですが、メールで繋がっていないみなさまのために。

出世魚というのがおりますが、犬のお父さんで有名なソフトバンクモバイルはまさに出世魚のような会社でして。一つ前の名前がボーダフォン。その前の名前はJ-PHONE。で、その前の名前は(関東甲信越エリアでは)東京デジタルホンでした。
 
高階は1997年、東京デジタルホンが「コミュニケーションネーム」として「J-PHONE」を採用したタイミングでそのプロジェクトチームの一員に加わりました(このチーム、いまに残る業績としては、写メールという言葉を世に送り出しました。まさにその言葉が生まれる現場に居合わせることができたので、その話もしたいですが、それはまた後日に譲ります)。
 
で、その当時、東京デジタルフォンの広告宣伝担当の女性に面と向かって「謎のコピーライター」と呼ばれたことを懐かしく思い出します(笑)。はっきりと口に出してそう言ったのは彼女が最初ですが、思えばこれまで繰り返し「何の仕事をしている人かよくわからない」と言われ続けてきました。まあ、そういう仕事で、そういう仕事ぶりなんですね。
 
最近になって、自分の仕事について一つ明快になったことがありまして。ぼくは仕事でもプライベートでもストーリーテラーなのであります。
 
例えば仕事で言えば、ある商品が世に及ぼす影響を語り、ある企業が世界をどう変えるかという未来像を語り、時には社会そのものがどのように変化していくのかを語る。プライベートに関して言うと、Facebookなどでつながっている方には解説するまでもありませんが、ぼくは日々ものがたりを紡ぎ続けてきましたし、この先も止めることはないでしょう。
 
仕事でもプライベートでもやっていることは同じです。
 
・まだ誰も目にしたことも手にしたこともない商品やサービスが世の中に出た時のことを描く。
・まだ誰も思い描いていない変化した先の未来を説得力豊かに仮想し提示する。
・場合によっては考えられるいくつもの異なる平行世界のシナリオを語る。
 
1つの優れたストーリーを見つけることもあれば、複数のシナリオのどれが一番現実味があるかを比較検討したり、そのどれが実現するのが望ましいのかを見定め力を集中するためのマルチシナリオを提示することもある。そうしてややこしい時代のややこしい出来事についてさまざまな角度から考えることや、新商品は誰に届くべきか、どのような場所で手に入るようにすべきか、どれくらいの価格がよいかが見えるようになる。
 
ぼくがやってきたことの本質はそこにあり、これからやっていきたいこともそこにあります。世の中に「コピーライター」という職業はありますが、残念ながら「ストーリーテラー」という職業はないので、相変わらずわかりづらいことには変わりがありません。けれど、ご自分のストーリーを必要としている人や、未来が見えるストーリーを必要としている会社は間違いなくたくさんおられることでしょう。
 
あえて申し上げます。
 
高階はストーリーテラーという仕事をしております。あなたの人生の、あなたのお店の、あなたの会社の、「これまで」や「いま」や「これから」のものがたりを、目に見える形にして読みたくありませんか? あるいは耳に聞こえる形にして聞きたくありませんか? ご要望があればどうぞ気軽にお声がけください。個人、会社を問いません。
 
末尾にライブの宣伝を。

5/26に開催する「ものがたりの生まれるところ」は、あくまでもプライベートなもので、飲み物片手に楽しむ、ゆるーいお楽しみ会に過ぎませんが、高階經啓が何者なのかをお伝えする体験型のショーです。
 
大いに笑いながら「謎のコピーライター」の正体を覗きに来てください。ちなみに前回のライブでわかったこととして、その場でみなさんからいただいたお題を元に、15分間、目の前で執筆の様子をプロジェクターでお見せし、本人が書きながら実況解説する「即興創作」の時間がどうやら最も面白いようです。「人間行動観察」とネーミングされました。どうぞお見逃しなく!
 
●ものがたりの生まれるところ(SFP_live! 2nd)

 
 
***公演情報***

5月のプレミアムフライデーに、人からお題をいただいておはなしを書く高階經啓のライブ「ものがたりの生まれるところ」を開催します!
 
・Twitterで配信できるサイズの、とっても短いものがたりの朗読
・その場でいただいたお題で目の前で執筆する即興創作
・そして発展形である「SFPエッセイ」作品の朗読。
 
80分足らずの短いライブですが、盛り沢山にお楽しみいただけます。ぜひぜひ遊びにいらしてください。
 
●公演概要
【日時】5/26(金)
 19:00-20:15(75分)
 
【料金】1500円(税込)
 
【会場】MAREBITO
 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 八重洲優和ビル 2B
 電話 03-3555-9898
 
MAREBITOイベントならではのスタイルとして、飲み物は持ち込み自由です。お酒でもソフトドリンクでも飲みながらのんびりお楽しみください。終演後は近くで軽く打ち上げを予定。おしゃべりしたい人はそちらもあわせてどうぞ!?
 
去る3月「140字のSudden Fiction Project」ライブとして始まった企画の第2弾です。
 
世の中のどこにも前例のないイベントですので、説明しにくいですが、前回のイベントページでなんとなく雰囲気をつかんでくださいませ。
●2ステージ!「140字のSudden Fiction Project」ライブ(朗読&即興創作&書き方講座)


【3/26予約受付中】2ステージ!「140字のSudden Fiction Project」ライブ(朗読&即興創作&書き方講座)(高階記)
2017年 03月 19日 (日) 10:47 | 編集
#140SFP_live170326

2017年3月26日に小さなライブイベントを開催します。
「140字のSudden Fiction Project(#140SFP)」ライブは、
 朗読&即興創作(おまけで140字のSFPの書き方講座)という、
ちょっと欲張りな企画です(詳しくは「公演概要」のあとに)。

●公演概要
【日時】3/26(日)
 13:30-14:45(75分)
 16:30-17:45(75分)

【料金】2000円(税込)[朗読CD付き&即興作品プレゼント]
 ※2回ともご覧いただく場合
 お渡しするCDが半券代わりとなり1,000円でご入場いただけます。

【会場】MAREBITO
 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 八重洲優和ビル 2B
 電話 03-3555-9898 http://mare-bito.com/


●ご予約方法
 ①お名前 ②人数 ③ご希望の回(13:30〜/16:30〜/両方)を明記の上
 va7t-tksn★asahi-net.or.jp(★印を@に変更)宛にご予約ください。
 予約受付メールお返ししますので、完了となります。

MAREBITOイベントならではのスタイルとして、飲み物は持ち込み自由です。お酒でもソフトドリンクでも飲みながらのんびりお楽しみください。終演後は近くで軽く打ち上げをしますので、おしゃべりしたい人はそちらもあわせてどうぞ!?


●もっと詳しく
[朗読]311直後に始まった通称「#140SFP」※の中から厳選の作品を上演します。各回25編を朗読する予定です。
 13:30は通し番号1,6,11,16……の23編、
 16:30は通し番号2,7,12,17……の23編、
 さらにセレクトした2編を加えた25編です。

[即興創作]来場者からその場でいただいたお題に「15分間で即興創作の様子を実況しながら書く」ことに挑戦(お題をいただいた方には後日書き、全員にプレゼントします)。

[おまけ]みなさんも「#140SFP」作家になって作品をアップしてみませんか?という呼びかけ。

Facebookの「イベント」で事前情報を時事刻々と流しています。「興味あり」をクリックしてお楽しみください。
https://www.facebook.com/events/654744188062690/



※140字のSudden Fiction Project(#140SFP)とは?
 2011年3月14日、津波や原発事故の映像ばかり流れ、大人が殺気立つ中、被災地で、あるいは被災地以外でもこわいを思いをしているであろう子どものために(ほんとを言うと大人のためでもあったんですが)ごく短い、1分あれば読み聞かせできる「おはなし」を届けようと、高階の提唱で始まったものです。
【近況報告】再演決定!『Silently She Dances』のご案内(高階記)
2016年 09月 02日 (金) 10:52 | 編集
LEDK.jpg


9月になりました。
まだまだ暑さは残りますが、日の角度や雲の形に秋を感じます。
いかがおすごしでしょうか?

まいど、高階です。公演案内を兼ねての近況報告です。
いまや「コピーライター」というよりも「ストーリーテラー」という
肩書に変えた方がいいのではないかという高階の、最近作にして代表作(!)のご案内です。

#上演日程は11月24日と、少々先ですが、
 本日より先行予約が始まるのでお知らせします。

去る5月に、フィーチャリング・デーモン閣下の朗読バージョンが、
8月にはは、フィーチャリング・前田新奈のダンスバージョンが上演されたばかりの
レナード衛藤さんブレンドラムス『Silently She Dances(静なるダンス)』。

5月に広島と東京渋谷で会場を熱く盛り上げた、
デーモン閣下朗読バージョンが早くも再演決定です!

●レナード衛藤ブレンドラムス「Silently She Dances-静かなるダンス」朗読編
 

和太鼓の既成概念をぶっとばすレナード衛藤さんの太鼓、
即興的なアプローチで世界を染め上げる林正樹さんのピアノ、
そして70分に及ぶ作品を、迫力の朗読で(爆発的な笑いも生みつつ)語り、歌うデーモン閣下!
三者が生み出す「音楽」と「物語」は、世界のどこにもない体験です。

レナードさんの原案をもとに、脚本・高階經啓で、不肖高階が今年の前半、身を削って書きました。
この10年間オンラインで書き続けてきたSudden Fiction Projectの集大成的な位置づけにもなっています。
ぜひ、見届けにきてくださいませ。会場は最上の音空間「銀座・王子ホール」です。


=====詳細=====
レナード衛藤ブレンドラムス
「Silently She Dances-静かなるダンス」朗読編
11月24日(木)銀座・王子ホール
開場18:30 開演19:00

レナード衛藤(太鼓)
デーモン閣下(朗読、歌)、林正樹(ピアノ)
原案・レナード衛藤、脚本・高階經啓

チケット:全席指定6,000円(税込)
発売日:9月10日(土)
エムアンドアイ・カンパニー 03-5453-8899
イープラス
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002201813P0030001P0006
ローソンチケット http://l-tike.com/
0570-000-777(Lコード:76012)
先行予約:
ローソンチケット:9月2日(金)15:00~9月9日(金)18:00
イープラス:9月2日(金)12:00~9月8日(木)18:00
一般発売:9月10日(土)10時より
お問合せ:エムアンドアイ・カンパニー 03-5453-8899

(本日発送したメールの内容を再録しました)
新作『Silently She Dances(静かなるダンス)』のご案内
2016年 05月 15日 (日) 08:10 | 編集
Leo+DK.jpg

久々の新作のお知らせを。

新作『Silently She Dances(静かなるダンス)』のプロジェクトは、世界を股にかけて各地のミュージシャンやダンサーとコラボレーションを繰り広げる、和太鼓奏者のレナード衛藤さんの声掛けで始まった。
 
2015年の大晦日、ぼくはレナードさんに同行して都内の某事務所を訪れた。
 
そして、デーモン閣下に拝謁することとなった!

レナード衛藤さんはデーモン閣下がまだ「世をしのぶ仮の姿」のままで生活されていた時期からの長いつきあいで、過去にも何度も共演したことがあるという。中でも「演奏と朗読」というスタイルの公演がいくつかあり、朗読には定評のある閣下にお出ましいただくというのが今回の企画の骨子だった。

朗読にデーモン閣下を招いて、演奏やダンスをレナード衛藤さん率いるブレンドラムスというユニット、そして脚本を原作ものではなくオリジナルで用意したいということで、急遽、不肖・高階經啓に声がかかったという流れ。大晦日の午後、4時間近いミーティングを終えてそれぞれが準備に取り掛かった。
 
オーダーは、レナードさんがこれまでの演奏家人生を通じて感じ考えてきたことを、今後の活動のための個人的な「バイブル」として参照できるようなテキストを欲しいというもの。期間も極めて限られていて、リクエストの内容もものすごくハードルの高い話ではあるものの、それだけに挑戦のしがいがあると考えお引き受けすることにした。
 
企画骨子を1月末に受け取りそこからは七転八倒、第1稿、第2稿とお互い手探り状態が続き、第3稿でついにブレイクスルーを発見。そこからは上演台本にするための修正作業に入り第5稿で完成。デーモン閣下の朗読と、林正樹さんのピアノ、そしてレナードさんの太鼓という本番スタイルでのリハーサルも充実したものとなり(その場でどんどん新しいアイディアも出てくるし、オリジナルの歌も生まれてしまう!という非常にクリエイティブな現場)あとは上演を待つばかり。
 
5/20(金)の広島クラブクアトロが世界初上演の幕開けとなります。何としても見たい!と思いつつ、ぼくはその日東京を離れることができません。どうか広島にお住いの方、あるいは広島をよくご利用の方、ぜひぜひ足をお運びください。翌週5/27(金)には渋谷duo Music Exchangeにて東京公演があります。こちらは残席僅少とのことです。お問い合わせください。広島はまだ席数を増やして対応できると聞いています。広島公演が狙い目です。

詳しい公演情報はこちらをご覧ください。

リハーサルを終えたあと閣下の一言がどういう公演かを物語っていると思います。
「映像作品もつくるべきだ。今度の公演には準備が間に合わないだろうから早く再演しよう」
どうぞお見逃しなく!
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...