クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【朗読を哲学する4】「できない」ということを大事にする
2017年 09月 24日 (日) 22:19 | 編集
これは畏友・本田秀夫氏のコラムの影響下に書く(具体的にこのコラムと指し示しにくいが「ドクター本田のにじいろ子育て」などご参照あれ)。

ぼく自身は、声については割と恵まれてきたと思う。飛び抜けて何ができるわけではないけれど、いろいろな声を出すことには前向きで、面白がって取り組んできた。近年特殊発声を面白がって一人で追求し続けているように、演技や何かとは関係なく、高低抑揚調子人格さまざまな音を出すことそのものに興味がある。出ない音が出るように追求することに興味があるし、それが全然うまくできなくても「これ、むずかしい!」と面白がることができる。
 
けれど、大多数の人にとってはそんなのはどうでもいいことだろう。声なんてふだんの声が出せれば十分。それが普通だ。

例えばワークショップの参加者から、ハミングをしながらビリビリ振動する場所があるということがよくわからないという声があった。それはコツでつかめるものかもしれないし、その人の頭蓋骨の構造上(たとえば鼻腔がポリープで埋まっているとか!)、振動したくてもできないのかもしれない。

また、ハミングで見つける共鳴はあくまでも頭蓋内のものであって、全身を使った共鳴とは違う。

声の高低をつけたり、抑揚をつけたりすることができない、やろうと思ったけれどできた試しがないという声があった。確かに抑揚たっぷりにしゃべれるとなんだかシェイクスピア俳優みたいでかっこいい気もする。でもシェイクスピア俳優って戯画化の対象でもあって、それが一番いいのかどうかわからない。ひょっとしたら、淡々と訥々と喋ること自体を掘り下げたほうがいい朗読にたどり着けるかもしれない。

ぼくは、ぼく自身が得意なことをみんなにさせようとするべきではない。という大事な発見にたどり着いた。もちろん、ぼくがやっているようなことをやってみたいと思う人に対しては伝えられることをなんでも伝えよう。

でも、ぼくはまず、その人が何ができないと思っているのか、そしてそれはできるようにしなきゃいけないのか、できないままで別な克服方法を探すべきなのか、そんなことを考えていきたい。

一つはっきりしているのは「楽器としてのからだ」を大事にしよう。あるいは「もっといい楽器」にしよう、ということ。そのためには一人一人が自分のかただの特性を自覚するように仕向けたいし、その過程を通じてぼくも一人一人の特性を把握して、その人ごとのいい声、いい音を探したい。

そういう意味では、目標に掲げた狙い通りの発声(音程・音量・音色・テンポ・リズム)というのはやや二次的であって、初歩の発声練習では、喉を潰さない発声、アンサンブルの面白さなど、そのままでできることを伸ばすことが大事かもしれない。

できないことを無理にできるようにするアプローチではなく、できないことを大事にして、ではその楽器では何ができるのかを丹念に探り当てることから始めよう。
スポンサーサイト
【朗読を哲学する3】必然性のあるヴォイスとは何か
2017年 07月 29日 (土) 14:31 | 編集
昨夜、MAREBITOでソロライブ「ものがたりの生まれるところ(SFP_live 3rd)」を開催。草加市で朗読のワークショップをやるようになってからは初めてで、出演者が3名もはるばる観にきてくれた。
 
以前にも書いた通り、ぼくのライブはいわゆる朗読というよりは、作品の作者自身が自分の書いたテキストでどこまで遊べるかを試すパフォーマンスだと思っているので、いろんなキャラクターも出すし、作品ごとにトーンもどんどん変える。その見本市的にやっている。
 
でも、昨日はちょっとだけ抑えた。そういう色物的なことをやるのは少数の作品に絞り込んで、ほかはできるだけプレーンにわかりやすく読むようにした。その結果、全作品で何かしら遊ぼうと試みたライブよりもしっくりくる部分もあった。余計なことをしないほうがいいものもあるのだ。
 
聞く側にとってどうだったかはまた別物で、アンケートでも「声色が少し多かったかな」というのもあったので、そのあたりの受け取り方はそれぞれである。
 
ぼくの中では、その作品があるヴォイスを要請している場合には、その人物の年齢性別口調をとりいれるのは「声色」だとは考えていないので、その認識の違いなのかもしれない。
 
その話をもう少し書こう。
 
語り手の声が、通常のその人の声から離れる場合には大きく分けて3通りあると思う。

1番目は、作品がそれを要請している場合。作品の中に具体的にどのような声かが記されていたり、あるいはどのような声であるべきかが絞り込まれる場合、できればそのようなヴォイスを採用するのは妥当だろう。
 
むろん、一切ニュアンスをつけないという方針はあってかまわないが、たとえばおっとりしたキャラクターをせかせか読んだり、せかせかしたキャラクターをのんびり読むのはテキストの要請に答えていないことになり、作品を損なうことになりかねない。そこにはヴォイスの必然性が感じられる。
 
2番目は、その声を使うことでしか表現できないことがある場合。テキストそのものの解釈の余地は多様だが、演出家または演者は「それをこのように伝えたい」という意思があって、それを伝えるためにはその声を要請する場合である。これは、テキストのものというよりも、「わたしはこのテキストをこう読んだ」という解釈を正確に提示するためのものだ。

原文のままだとその解釈を伝えられないわけだから、これもそのヴォイスを採用すべき必然性がある。

3番目は必然性のないもので、これが「声色を使いすぎ」と指摘される類のものだ。テキストも要請していない、その声を使ってはじめて表現できるほどの解釈の独自性もない、なのに何かしら声を作っているのは、根拠のなさにおいて弱い。むしろテキストの要請とも、解釈の意図とも関係ない分、「余分なこと」になっていたり、「誤読を誘発する」危険さえ考えられる。やめたほうがいい。悪しき声色である。

CDに吹き込んだときは、何しろ限られた時間で 115本を一気に収録することが目的だったので、できることを片っぱしからやってみた。第1回目、第2回目のライブまではその延長線上でやっていた部分も正直言ってある。その結果、3番目の悪しき声色を多く使っていたと思う。

その後、ワークショップのためにあれこれ考えるようになり、演者本人の声とは違うヴォイスが望ましいのはどういう場合で、それが望ましくないのはどういう場合なのかを探ったことが、上記の整理である。
【朗読を哲学する2】半年間のワークショップを前に(高階記)
2017年 07月 01日 (土) 22:58 | 編集
2017年7月2日。
草加市「歌のダンスのファンタジーIX」の朗読のワークショップが始まる。
初回は、自己紹介で時間が終わってしまいそうだけれど、どういう半年間になりそうか、できれば共有したい。そのことを書く。

もっとも、半年間かけて積み重ねていくことはあまりにも多いので、初回に何もかも話しても混乱するだけだ。だからできるだけシンプルに絞り込んで、しかも長持ちすることを伝えたい。ただ絞り込むためにも伝えたいことを思いつくままにだーっと総ざらえしておきたい。

書きながら考える。なにしろ「朗読を哲学する」のだ。思考を巡らし続ける奇跡を全部残してしまおう。

(1)よく聞くこと
これは朗読に限らず、俳優の演技全般に共通することなのだが、「よく聞く」ということはたぶん半年間言い続けることになるだろう。「声の出し方を教わりに来たのに聞くってどういうことだ?」と思う人も出てくるだろうけれど、これは基本だと考えている。ぼく自身がそんなに実践できていないので、この半年で自分自身の訓練の目標ともしたい。

わかりやすい例として、7月2日に聞いた声が、12月24日にどう変わっているか、これはポイントだ。だから、7月2日のみんなの声をとても大事に聞きたいと思う。


(2)自分の声から始めること
経験があって器用な人は声色を使ったり、テクニカルにいろいろなことができると思う。それはそれで大事な武器なのだが、せっかく半年もかけるので、今できることに止まってはもったいない。したがって、経験者のみなさんはいったん自分の得意技のことは忘れて振り出しから一歩ずつ新たな声を探して欲しい。

ビギナーはもちろん半年かけて今はまだ出せない声を見つけることになる。その際にも作り声や声色でそれっぽくするのではなく、今の自分の声を出発点に見つけていくようにしたい。毎回ほんのちょっとでも何かが変われば嬉しい。少し大きな声が出せた。小さくてもよく通る声が出せた。少し高い声が出せた、低い声が出せた。音がはっきりしてきた。わざともごもごできた。すごく早口でしゃべれた。スローでもしゃべれた。同じセリフにいろんな意味をつけられた。なんでもいい。前回はできなかったこと、思いつかなかったことが一つでも二つでも増えれば万々歳。半年後に振り返った時、7月2日の自分からは思いがけないくらいいろんなことができるようになったなと思えるといい。


(3)楽器としてのからだ
声を出す、というとどうしても「口のこと」「喉のこと」と思いがち。せいぜい「肺を使うこと」どまり。でも実際にはそれだけじゃない。立っているか座っているか、前のめりか踏ん反り返っているか、体を捻っているか、顔の向きはどうか、そして重心の位置はどうなっているか、気持ちはどうなっているかで出てくる声は全然違ってくる。全身を楽器だと考えるようにしたい。そしてその楽器は基本、けっこう調子っぱずれで調律が必要。楽器そのものの状態を良くすることも大事で、それは筋力や柔軟性の問題だったりする。調律に関して言うと、とにかくいろいろ試して使いこなして何ができるか、どうできるかを探り続けることでしか見つからない。半年間これをやり続けることになる。発見に次ぐ発見だといい。


(4)どう読むかは決まっていない
ストーリーがあって、キャラクターがいて、それに沿ったテキストがあって、作者がその場にいるので、どのことばをどう読むかについて、作者が書いた時点のイメージは当然ある。おおまかな方向は決まっている。けれどもこれがシナリオの面白いところだが、実は全く同じことばでもさまざまな意味をつけることができる。「ありがとう」の5文字で感謝を伝えるのは字義通りとして、愛も告白できるし、軽蔑の念を表すこともできる。失望や殺意だって込められるし、秘めた恋や別れの挨拶にもできる。音楽劇全体の中で採用されるかどうかは総監督次第だが、我々にはテキストを自由に遊ぶ権利があるし、そこから出てくる思いがけない発見を味わう楽しみがある。


というわけで、からだ=楽器を重視し、頭ではなく、からだでいろいろ試しながらテキストの解釈を深めるということをしたい。声に出すことの面白さ、からだという楽器から思いがけない声がどんどん出てくる喜び、そういったものを味わい尽くしていきたい。そしてそれはあれこれ試しながら繰り返し繰り返し極めて身体的に取り組むことの中で実現することになるはずだ。

半年が過ぎるころ、読解力、表現力、粘り強さ、自己主張する力と全体の中で調整する力が身についているはずだ。
【朗読を哲学する1】SFP_live!で高階がやっているのは朗読なのか?(高階記)
2017年 06月 07日 (水) 10:44 | 編集
最初に答えを書いてしまうと、SFP_live!でぼくがやっていることは、正統派の朗読ではない。
 
目の前にテキストを置いてそれを目にして声にしているので便宜上「朗読」と呼んでいるけれど、ぼくがやっているのは「テキストでどこまで遊べるか」という即興パフォーマンスというのが正確だ。

もちろん、
「朗読とはこういうものであって、違うものを朗読と呼んではならない!」
というような「正解」がどこかにあるわけではないと思うが、
ごく一般的な認識の中で、正統派とされる朗読では、
あまりニュアンスを決めつけ過ぎない方がいいとされている。

つまり「ここは楽しい場面」「ここは悲しい場面」というようなニュアンスを、
朗読家が先走ってニュアンスをつけるのはあまり好ましくないとされている。
なぜなら聞き手から解釈の自由を奪ってしまうからだ。

専門ではないので推測で書くしかないが、「正統派」の考え方はきっとこういうことだと思う。

一つはテキストに忠実であること。
一つはテキストについての解釈は聞く人にゆだねるべきと考えていること。
大事なのは、原作のテキストを
可能な限り改変することなく
余計なニュアンスを盛り込むことなく
原作に指示されているニュアンスは伝えつつ
聞き手に正確に伝わるように心がけ
そのための技術をみがくということになる。

ごく簡単にまとめれば、朗読家は自己主張をせず、テキストを丁寧に聞き手に届けなさいということだろう。
そしてそれは正しい、と、ぼくも考える。

実を言うと、今年の後半は朗読について考えに考える半年となる予定で、
ぼくはぼく自身の即興パフォーマンスとは何なのか、
これから朗読をやりたという人にどんな道を示すといいうのかいろ考えていきたいと思う。

朗読全般についてはとても長くなる予感があるので少しずつ書き進めていく。
今回は、ぼくがSFP_live!でやっていることは何なのかを自分の中でも整理したいので、それを書く。

   *   *   *

SFP_live!では今後

①作者が自分の作品(140字のSudden Fiction Project作品)を声に出して読む。
②その場でお題をもらって15分で何本140字の作品(#140SFP 作品)を書けるか即興創作する。
③#140SFP作品にエッセイを加えるとどうなるかロングバージョンを読む。

ということをやるスタイルを考えている。

将来的には他人の作品を読んだりすることもあるかもしれないが、このライブを始めた動機は、まず何よりも「140字のSudden Fiction Projectと、その作品群を多くの人に知って利用してほしい」ということと、「あわよくば書き手が増えて#140SFP 作品が増えて広まってほしい」ということに尽きる。

そのためにCDもつくり、オンラインでも配信し、そして自らが人前に出ることを決意し、サポートしてくれる仲間達に支えられながらお客さんを呼んでライブ形式で作品を披露して、少しでも面白がってもらおうとしているのだ。

自分で書いた作品なので、多くの作品は2011年の3月当時、あるいは2016年4月の熊本地震後の日々、どんな人に向けてどんな思いを込めて(場合によっては、ふだんはまりやらないような配慮や表現への制限を設けて)書いたか知っている。

だからライブでは、多くの作品について作品解説を加えながら読む。そしてたった140字以内なので描写しきれていないニュアンスを必要に応じて足す。それも、子どもたちに面白がって聞いてもらうため、ということを念頭に、できるだけ面白く、聞いていて楽しく、ワクワクするように読む。
 
余計なニュアンスをつけないどころか、多くの作品ではさまざまにニュアンスをつける。第2回目(通称「+3 set」)のライブでは歌まで歌った。なぜならその作品を書いたときにそのメロディーが浮かんでいたからだ。
 
というわけでぼくのライブはおよそ朗読らしくない。けれども肝心なのは「正しい朗読」をすることが目的ではないということだ。朗読は手段であって目的ではない。例えばぼくの場合は「140字のSudden Fiction Project」というものを知ってほしい、面白がって興味を持ってほしい、できれば目で見て読んでほしいし、本当は大人たちが子どもに読んで聞かせてほしい。それが避難所で読まれるのなら当初念頭にあった通りだけれど、忙しくて親子の時間がなかなか取れない家庭で読んでもらえるのもいい。そんな風に「実用的」に読んでもらえることこそが理想的な状態だ。

なら、面白く、楽しく、好奇心をそそる形で提供したい。その役に立つのなら、ニュアンスを足すことも、なくすことも、最適な方策を探る。

そういう風に考えている。

そして、それは今後、ぼくがたくさんの人々に向けて「こんな風に朗読をしようよ」と呼びかけるときにも基本スタンスとしては同じでよいと思う。

まず読むに値するテキストがあって(それは音楽的に素敵だからかもしれないし、テーマが優れているからかもしれないし、読む人をワクワクさせるものがたりだからかもしれない)、読む人がいて、聞く人がいて、読む人はテキストの届けたい大事な部分を聞く人の中に届け、聞く人の心を動かし、ときには体を動かす。その目的のために使えることは何でもやる。必要があれば歌も歌うし、必要があれば声色も使う。届けるのに余計なことなら、しない。

そういう基本スタンスは、「正統派」かどうかは関係ない。自分にできる最良の手法を見つけてそれで届ける。そのことを大事に、そのことだけを守りながら取り組んでいきたい。

そんな風に考える。次回からはSFPから離れた朗読全般の話に進むが、それは自分のライブにもつながることと信じ、あれこれ追求していきたい。朗読もテツガクしよう!
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。