クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
祝福と呪詛のあいだで/災害または救済としてのキラーコンテンツ考(高階記)
2016年 07月 24日 (日) 10:28 | 編集
かつて家庭用ゲーム機が登場し、普及し始めた頃よく言われたのが、「テレビ画面に何が映っているか、これからは時間の奪い合いだ」みたいな話だった。
 
初期のテレビは、いまで言うところのアナログ地上波しか映らなかった。争いはテレビ局間に限られていた。やがてゲームが映る時間が増え、衛星放送だのケーブルテレビだのが映る時間が増え、ネットも閲覧できるようになり、各者入り乱れての「時間争奪戦」になっていった。
 
いま起きているのは、それのスマホ版だ。
 
その画面に何が映っているか。自社のアプリやらサイトやらが、できるだけ長時間表示されたい!という人たちがいる。表示時間を増やすために高い広告費を払って誘導し、利用させようとする。長く表示されることで今度は自分たちが媒体になって広告掲載料をとったり、長時間、ディープにプレイしてもらうことでアイテム課金で稼いだり、そういうビジネスモデルでやってきた。彼らにとって「ポケモンGO」はまさに悪夢の始まりにほかならない。
 
   *
 
想定外の破壊力を持ったキラーコンテンツの登場は、スマホアプリ業界の住人にとっては、計り知れないパワーで襲った激甚災害だと言って言い過ぎではないだろう。
 
広告費に換算したらいくらになるのか考えられないほどのニュースが、ネットで、テレビで、新聞で、その他のメディアで、がんがん流れて、いまや「ポケモンGO」という単語を知らずに生きていくのが難しいほどの有様だ。他のアプリの出番はなきに等しい。彼らのいままでの努力がたった1日で(ほんの一瞬でと言うべきかもしれない)吹き飛ばされてしまった。
 
いや。「他のアプリの出番」どころじゃない。
 
参院選とか、都知事選とか、熊本とか、高江とか、テロとか、パナマ文書とか、保育所とか、改憲とか、集団的自衛権とか、どの一つを取っても語り尽くせないような数々のテーマが、人々のマインドシェアのはるか末尾に追いやられてしまいかねない状況だ。
 
輝かしい成功を収めつつあるゲームアプリには素直に祝福を送ろう。けれど同時に、その「輝き」の陰で蓄積されるであろう呪詛のこともはっきり意識しておきたい。それを忘れて「輝き」に見とれてしまうのはあまりにも危険に思える。
 
   *
 
一方で、ここまですさまじいパワーを持ったものが現れた以上(上にも書いた通り、それはもう甚大な自然災害に匹敵するパワーだ)、その力を上手に利用して、さまざまな課題解決に役立てるという視点もあっていい。チャリティ的な課金アイテムが生まれるかもしれないし、投票率を高めるインセンティブが投票所に現れるかもしれない。
 
先日紹介した自閉症スペクトラムの傾向を強く持つ子どもに与えた影響のこと、保健所のイヌが殺処分を免れた話などなど、思いもよらない「好ましい効果」もどんどん出てきている。それを大事に育てていく流れも生まれるだろう。「呪詛」もまた、今までとは全く違う新たなチャンスの入り口を教えてくれるのではなかろうか。
 
iPhoneアプリ開発に関わる者のはしくれとして、災害と決めつけるでなく、救済と決めつけるでなく、この破壊的なエネルギーとどう向き合うか、考えたい。

※この記事は、「小倉さんは考えた/ポケモンGOに殺されるアプリ市場と広告市場」の指摘に感銘を受けて書きました。ありがとうございます。
【震度は7が最大】(高階記)
2015年 12月 05日 (土) 07:53 | 編集
「震度は7が最大」なんて、防災関係者には「何を今更」な話だろうが、マンション防災の集まりを始めて、改めて「そんなの常識でもなんでもないんだよな」と確認させられた。これ、防災関係者はよくよく注意しないといけない。この手の「当然、常識だよな」というような思い込みはとても危険だ。
 
落ち着いて考えてみれば、一般的には「7」というのは中途半端な数字だ。「もっと上がある」と思わせるような印象がある。ましてや地震に際しては震度とマグニチュードが出てきてそれぞれ微妙に似た数値だったりするから、これが混乱の一因になっているにちがいない。東日本大震災のマグニチュードの9と最大震度7も多くの人の頭の中ではごちゃごちゃになっていても不思議ではない。
 
日本の気象庁が定める震度階級は「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級なのだが、「震度5」と「震度6」の2つにだけ「強弱」があるのも、これまた多くの人にとってはきっと理解不能だろう。
 
あるいは「10階級なら1から10にすればスッキリするのに」と思う人も多いだろうし、おっしゃる通りなのだが、そして遠い将来にはそんな改訂もあるかもしれないが、当面は無理だろう。なぜなら1884年に4段階で始まってから、4回の改訂を経て現在の10階級に至ったのが1996年で、この130年の間に各震度の数字が具体的な意味を持ってしまっているからだ。
 
というわけで、初めて聞く人には非常にイメージしにくい「震度は7が最大」ということを理解してもらったほうがいのか、もっと別な伝え方をしたらいいのかで迷っている。例えばそれは集合住宅内の配水管が破損している恐れがあるので「震度6弱以上の時には水を流さないようにしましょう」と書いても、読む人のほとんどはそれがどの程度の地震なのか想像できないという問題が生じる。「7が最大」ということを知らない人には「6は相当大きい」ということも伝わらないし「6弱の弱って何?」という状態になるし、「『弱』でしかも『以上』ってどういうこと? 大きいの? 小さいの?」となるわけだ。
 
という、考えてみれば当たり前のことに気づけただけでも、自分が住んでいるマンションの防災について一緒に考えてくれるチームができたことはとてもありがたいことだ。この数年、仕事で防災知識をいたずらにふくれあがらせた結果、そういうごく当たり前の感覚からずれが生じていた。コピーライターとしてはあってはならないことでもある。
 
そしておそらく防災コピーライターとして役に立てるのは、案外ここの感覚のずれをどう繋ぐかという部分だったりもするのだ。
 
なんか急に思いついたので書き付けておく。

【参考】
気象庁「震度について」オフィシャルな情報はここ。

Wikipedia「気象庁震度階級」1884年以来の変遷が載っていて面白い。
My杉玉をつくってきたのだ(高階記)
2015年 11月 07日 (土) 11:13 | 編集
Sugidama.jpg

昨夜は「【満員御礼】日本酒飲みながら「My杉玉」を作ろう会」というイベントに参加。My杉玉をつくってきた。
 
My杉玉づくりは、やることはいたってシンプルで、でも意外にコツも必要で、経験を積めばどんどん上手くなれる要素があって、なかなか奥が深いのである。特にぶっ刺した杉の葉を刈り込んで球体にしようとすると(別にミッキーマウスの形にしてもいいのだと思うけど、まずは基本形として球体)、これがなかなか思うようにならない。いつまででもやっていられる。
 
途中つくりながら同じテーブルの人たちと話していたのだが、これはセラピーとして使えるよねと。まず目で杉の枝を選び、指先を使って葉をほどよいサイズに整え、束ね、根元にハサミを入れ、フレームにきっちりと詰め込み、ゆるくもなくきつすぎもしない程度に詰め込み、酒枡にはめこみ、さらに隙間に植え込んでいき、きっちり詰め終わったらハサミで形を整えていく。
 
その間、目で眺め、手を使い、匂いを感じ、杉の葉に触れ、ヤニのべたべたを感じ、枝ごとの柔らかさとゴツさを肌で感じ、ハサミを入れる音を聞き、カットする感触を味わい、飛び散る破片を浴び、ハサミを入れるごとに変化していく立体の形を時系列で追う。飛び散った破片の入った日本酒を飲む。五感と空間認識と時間認識と総動員の作業なのだ。確かにセラピー効果がありそうだ。
 
イベントを主催し会場を提供したgram designのみなさんが揃えた日本酒を飲みつつ、手作りのおいしい料理を味わう、という部分がすっ飛んでしまうほど、ひたすら刈り込む刈り込む。脇目も振らずに刈り込む。たぶん中締めで止めてもらわなかったらあと数時間はやっていられたと思う。
 
ハマるのだ。
 
たぶん子どもからお年寄りまで誰でも楽しめるワークショップではあるが、やはりここは手元に日本酒を置いてちびりちびりやるところにも醍醐味がある。オトナのイベントなのである。来年の杉玉づくりの季節にまたやるそうなので、これは強力に推しておく。
 
写真は参加者の作品をずらっと並べているところ。日本酒の酒枡を土台にしているんだけど、ちょっと奥の作品のようにマスキングテープでデコって、上にオーナメントを置くとあら不思議、まるでクリスマスの飾り(クリスマスツリー?)のようになります。
 
講師の熊崎惣太さんは「テープを貼ったりはがしたりすればクリスマスからお正月まで使えます」とおっしゃってましたが、まさに、まさに!
【時間の不思議】
2015年 08月 14日 (金) 22:22 | 編集
昨年(2014年)末から、ふと思い立って「人からもらったお題をタイトルにつけた虚構エッセイを書く」ということをやっている。つい先日そんなお題の一つ【時間の不思議】で短いお話を一編書いた。
 
書き上げてからじわじわと、これは今、2015年の8月に書くべくして書いた作品だと、書かずにはいられなかった作品だと感じ、できるだけ広く多くの人の目に止まることを願って、LENZブログにも転載することにした。読んで、感想などお聞かせください。あまりこういうことは言いませんが、自信作です。
 
 
==========
 
【時間の不思議】SFPエッセイ075
 
 まだ少年の頃、私はこの国を訪れることが夢でした。なぜか。チクワブーに会いたかったからです。
 
 と、言ってもいまチクワブーのことをご存知の方はほとんどいないでしょう。チクワブーは2000年代初頭に、この国で放映されたアニメのヒロインです。彼女は無数に存在する平行世界を漂流し続ける少女です。彼女が漂流するのは平和な世界の場合もあれば、戦乱状態の世界の場合もあります。逆に、たくさんある平行世界の中の一つの側から見ると、彼女は他の世界からの人格と入れ替わるたびに経験や性格もころころ変わってしまうことになります。
 
 この作品の中では、主に一つの世界が舞台となります。平和な世界です。当時の日本とよく似た豊かな世界です。物語は、チクワブーとその同級生たち、合わせて7人がメインキャストの群像劇といった体裁をとっています。彼らの高校2年の秋学期の初めに漂流してきた、とあるチクワブーをめぐる騒動を描いています。これまでも何度も性格がころころ変わってきたチクワブーは、人格破綻者と思われ、変わり者とみなされてしまっています。ただしこういった設定は最初は何も明かされません。なぜ彼女が性格破綻者と思われているのか、その真相は回を追って徐々に明かされていきます。
 
 私はそのアニメ作品を、日本より何年か遅れて自分の国で見ました。そして恋に落ちました。もちろん、チクワブーとです。そのアニメ、『いつか聞いたフレーズを君はもう忘れたのか。』というアニメを覚えている人が今この国にどのくらいいるのか、そもそもこの国ではどれくらいヒットしたのか、私には見当がつきません。『ドラえもん』、『鉄腕アトム』、『キャプテン翼』などは私の親の世代も見ていたくらい世界的な人気だったようですが。今のこの国にアニメに興味を持っている人がどれくらいいるのかもわかりませんしね。
 
 私がそのアニメに夢中になっていた頃に知り合った、とある日本人が──それがいま西の人か、東の人かはわかりませんが──若い頃に『いつか聞いたフレーズを君はもう忘れたのか。』の大ファンだったと話してくれ、ファンはそのアニメを「いつフレ」と呼んでいたと教えてくれました。そして「聖地巡礼」についても教えてくれました。作品の舞台にはモデルがあり、それは当時の日本の首都・東京からほど遠からぬ地方都市で、ファンはその町を訪れアニメの背景に描かれた場所を巡るのだというのです。
 
 それを「聖地巡礼」と呼ぶのだ、と彼は笑いながら話してくれました。私たちの宗教で一生のうちに一度は聖地を訪れようとしていることに比べると、それはずいぶん軽く、ふざけたもののようにも感じました。私たちの神に対する冒涜ではないかとも感じました。けれど、まだ子供だった私は、こっそりと心の中で考えました。自分もいつか「聖地巡礼」をしてみたいと。そうすれば、ひょっとしたらチクワブーのような女の子に会えるのではないかと。
 
 やがて私の国で内戦が始まり、恐ろしい虐殺が始まりました。
 
 子供の頃から親しくしていた人々が、ある日いきなり敵になりました。互いに殺し合い、あるいは痛めつけ、なぶりものにするという、信じられないようなことが、実際に、私自身の目の前で、何度も何度も繰り返されました。私も人を殺しました。かつて友人だった人も殺しました。その家族も殺しました。私自身の家族や親戚も口にはできないようなひどいことをされ、命を落としました。やがて外国から軍隊がやってきました。多国籍の軍隊で、国連の決議の元に、私たちの国の混乱をおさめ、平和を取り戻すためにきたと言いました。私たちはそれを信じました。日本からは国防軍がやってきました。私は「いつフレ」の国の軍隊を見て親近感を覚えました。
 
 そして、あの事件が起きました。
 
 国連軍の偏った武装解除のため、私たちの部族は極めて危険な状態に追い込まれていました。夜毎に首をかき切られて死ぬ者が後を絶たなくなり、ある日その不公平を正すために国連軍の基地に向けて集まりました。陳情しに行ったのです。その時たまたま、日本の最新鋭戦車が国連軍の敷地に入ろうと向かっているところでした。基地の門は閉ざされ、街中にたった一台取り残された戦車の周りを私たちが取り囲む形になりました。私たちの目的は国連の基地でした。だから戦車に背を向け、基地へと進んでいました。
 
 きっかけが何だったのかは今もわかりません。日本軍が最初に発砲したのだとも、私たちの側の誰かが爆発物を投げたのだとも言われています。とにかく虐殺が始まりました。いきなり後ろから撃ち倒され私たちは逆上しました。勝てるはずもないのに戦車に挑みかかりました。私たちは国連の基地と戦車に挟み込まれているのですから、もちろん勝てるわけがありません。けれども国連に対して憤っていた人々があちこちから駆けつけ、さらには対立する部族も入り乱れ、基地の前の戦闘は実に5、6時間続きました。
 
 死んだのは大多数が民間人で、それも陳情に訪れた者たちでした。正確な数はわかりませんが、400人から500人が命を落としました。データでみると怪我人の数が少ないのは、怪我人はその場で確実に射殺されたからです。父は最初の射撃で即死しました。全身が見たこともないほど激しく痙攣し続けやがて動かなくなりました。弟は左腕を撃たれ倒れていましたが、日本の兵士に撃たれ頭を吹き飛ばされました。その全てを私は見ました。私は死んでいると思われたので、見逃され、こうして生き延びることができました。あの戦闘を生き延びたのは10人にも満たないと思われます。
 
 あの日から私は「いつフレ」のこともチクワブーのことも忘れてしまいました。そして日本の国防軍への復讐のために生きることを決意しました。後になって知りましたが、あれがあなたがたの国が海外で初めて武器を使用し、初めて外国人の命を奪った事件だったそうですね。しかも最初に大量に殺したのが軍人ではなく非戦闘員だったことであなたがたの国内で大問題になったと聞きました。その後すぐに、日本の国防軍の兵士が私たちの手で捕らえられ、拷問を受けた後、死体が街中を引きずり回された映像が流され、日本人は私たちを敵と見なすようになったということも聞きました。正直に言いますが、あの日本兵士に対するリンチに私は関わりました。彼を縛り首にしたのは私です。
 
 私たちの国の紛争がおさまるまでに25年かかりました。平和が訪れ、結婚し、子供を持ち、当たり前に仕事をするようになってしばらくしたある日、私は不意にチクワブーのことを思い出しました。それから日本のことを調べ、日本が西と東に分裂したことを知りました。その分裂のきっかけとなったのが、あの国連基地前の虐殺だったことを知りました。そして、続く私たちの報復があなたがたの国の世論を分断したことを。日本に対する憎悪が渦巻き、多くのテロが発生しました。とうとう原発が──恐らくはテロリストの手によって──暴走し、3基がメルトダウンし、広大な国土が住めない土地になったと聞きました。やがて内乱が起き、温和なはずの日本人同士が残酷な殺し合いをしたと聞きました。そう聞いても私はなんとも感じませんでした。それは私の国でも起こったことだし、世界のあちこちで今も起こっていることだからです。
 
 かつて私は日本に憧れました。いつか訪れたいと願っていました。次に私は日本を憎むようになりました。私の家族を残忍に殺し、私の人生を破壊した日本を決して許さないと思いました。やがて私は日本の惨状を知りました。惨状を知っても全く心が動かないことで、復讐を遂げたように感じたこともありました。
 
 それから何かが変わりました。
 
 何がきっかけかはわかりません。「いつフレ」の中のチクワブーが、その世界に来る前に、直前までいた平行世界は内戦状態の日本でした。彼女は戦乱状態の日本から、平和な2000年代の郊外都市に漂流したのです。他の生徒たちへの激しい憎悪と、平和で笑いに満ちた生活への憧れに引き裂かれながら、彼女は学園生活を送ります。今の日本は、まさにチクワブーが直前までいた世界です。私は東日本国にいるかもしれないチクワブーと会ってみたいと思うようになりました。もちろん、アニメの中の少女が実際にいるわけがありません。けれども、彼女と同じ思いを持つ日本の少女は実際にいるはずだと思います。
 
 国連平和維持軍の司令官としてやってきた人間が、アニメのヒロインを探しに来たと聞いて、あなたがたが侮辱されたと感じるだろうということはわかっています。けれどあえて私は言いたい。かつてあなたがたは豊かな想像力を持っていました。戦乱で傷つき憎悪と憧憬を持つ少女について想像し、描き出し、それを世界に届けることができました。
 
 それが今はどうです?
 
 チクワブーは平和な日本の秋学期を級友たちと過ごし、文化祭や修学旅行を体験し、徐々に心を開きます。けれどまもなく再び漂流が始まることに気づきます。そしてある日、いつも一緒にいる6人に全てを打ち明けます。彼らを憎んでいたこと、今は憎んでいるのかどうかよくわからなくなっていることを語ります。「行くなよ」という一人に対して、「また新しい私が来るわ」と答えます。「その私もあなた達を憎んでいるかもしれない。けれどその心は変わるということを、覚えていてほしい。たった3カ月でも、変わるはずのない思いが変わるということを私は知った」とかなんとか。最終回の一つ前、「時間の不思議」というタイトルの回でした。
 
 さて。あなたがたは今すぐにはお互いを許すことができないでしょう。私にもできませんでした。再び一つの国にまとまることも想像できないでしょう。もちろん二度と一つの国には戻れないかもしれません。けれど、もしもまだあなたがたに想像力が残っているなら、どうか想像してください。互いに憎しみ合わない、殺し合わない未来を想像してください。今すぐには無理かもしれません。けれども「時間の不思議」は本当にあります。アニメの中にもありましたが、アニメの中だけではありません。私の心の中にも起きました。これは、私自身が体験したことでもあるのです。
 
(「【時間の不思議】」ordered by 阿藤 智恵-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)
※注意:このエッセイはフィクションであり、 実在の人物・団体・事件・安保法案などとは一切関係ありません。
10年ぶりの鬼の首方面(高階記)
2014年 09月 18日 (木) 07:58 | 編集
鬼の首を取ったような振る舞いというのは醜く見苦しいものだ──このことは今までにもあちこちで書いたり話したりしてきたのだけれど(このブログでも10年前の2004年に同じテーマで書いている)、どうやら、このテーマは何度でも書かざるを得ないらしい。
 
最近で言えば、ここぞとばかりに朝日新聞叩きをしているメディアの多くがこれまでにやらかしてきたことを考えると「どの口でそれ言ってるんだ?」と思わせるものばかりだ。誰かのブログに書いてあった通り、いま起こっているバッシングはちょっと離れて見れば「目くそ鼻くそを笑う」構図にしか見えないし、結果的にマスメディア全体のダメっぷりをさらけ出して業界丸ごと自滅に追い込んでいるようにさえ見える。
 
もちろん、このところの朝日新聞の状態は無様だ。偏向報道と言われても仕方がないような質の低下があったのも事実だと思うし、この機会に本気で体質を見直して生まれ変わるべきだと思う。ただしその時めざすべき姿は、鬼の首を取ったような、あさましく見苦しい振る舞いをするメディアではない。そんな質の低いメディアと同じになってもらっては困る。この逆境をきっかけに、今より少しでもマシなメディアが日本に生まれることを祈りたい。
 
それにつけても、鬼の首を取ったような物言いは醜く見苦しい。

※10年前のブログでは「自分の意見に都合のいいニュースに飛びつく評論家的態度」の話をしていて、今回は「自分のことを棚に上げて競争相手の鼻くそを袋叩きにする目くそ」の話をしていて、同じ「鬼の首」でもちょっと違うことに気づきました。
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...