クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
「ものがたり」と「からだ」 (LENZ LLC.設立のお知らせ)
2011年 06月 13日 (月) 11:01 | 編集
2011年6月1日。
LENZ LLC.(合同会社LENZ)を設立しました。
設立のご報告を兼ねて、LENZがどんな会社なのかおはなしします。
少々長いおはなしですが、よろしければお付き合いください。

*********************************************************************************

●LENZの行動原理

「世界が今よりほんのちょっとでもマシになることに関わっていく」

これがLENZの行動原理です。とてもシンプル。まるで世間知らずな子どもが口にしそうなフレーズです。でもそれで構わない、とLENZは考えます。世界が今よりマシになって困る人、いますか?

2011年の日本は、便利で快適でそれなりに豊かでそこそこに満たされた社会だと言っていいでしょう。けれど見渡せば、あたりには不便や不都合や無理難題や理不尽が無数に見つかります。そこそこ満たされた生活に慣れた人は、そういう時つい文句を言ってしまいがちです。「これ、誰か何とかしろよ」と。ぼくもまたその一人です。そして実際、どこかの誰かが何とかしてくれる場合も多くあります。不便や不都合をたちどころに解消することによって。

けれど、どこかの誰かが何とかしてくれないケースもままあります。

それは、解決するためには、社会全体の価値観に関わるような、より深くて、より本質的な変化が必要な場合です。これまで誰もが共有してきた常識や、認めてきた価値観に準じている限りは、目の前の不便を解消することは比較的簡単です。ところが、みんなが信じてきた常識とは別な、新しいものの見方や考え方を用意しなければ答えが出ないようなケースでは、「どこかの誰か」を待っていても無駄です。

そういう場合は、不都合を見つけてしまった「ぼく」や「わたし」や「あなた」が何とかするしかないのです。

LENZが得意とするのはこのような領域です。


●LENZの方法論

みんなが信じてきた常識や、検証する機会もなく受け入れてきた常識にいったん退いてもらって、信じるに足る新しい「ものがたり」をたちあげること。そして決してそれを声高に主張し押しつけるのではなく、受け取る側の気づきや発見を通して共有して広めて行くこと。そのためのふさわしい「からだ」を提示すること。

「ものがたり」と「からだ」は、広告の世界では「コンセプト」と「表現(コピーとデザイン)」と呼ばれ、ビジネスの世界なら「ビジョン」と「製品・サービス」と呼ばれてきたものとだいたい同じです。LENZでは、広告とかビジネスとかいった形で領域を限定しないため、あえて「ものがたり」と「からだ」という平易な言葉を使います。

LENZ LLC.は、個人、地域、企業・団体を問わず、その人やその土地、その組織が誇りを持って目標とできる「ものがたり」を一緒になって探り当て、その目標に向かって進んでいくための「からだ」(例えばコピーやメッセージのようなことばや、デザインやシステムのようなかたち)を具体化して提供します。

LENZのご提案は、最初のうちこそ、「斬新な」とか「意表をついた」とか言われるかもしれません。けれど、それが十分に広まれば次の常識になる。新しい常識の担い手として、人も、地域も、企業も、誇り高くどんどん仲間を増やしながらしっかり前に進んで行ける。たくさんの人が「おお。それ、いいねえ!」と言って応援してくれる。仲間になってくれる。パートナーが増えていく。そんな、ちょっと先の未来のあるべき姿(信じられる「ものがたり」と共感と信頼を呼ぶ「からだ」)を探して、人や地域や企業とシェアするのがLENZ LLC.のミッションです。


●結びにかえて

ご承知の通り、2011年の日本は未曾有・空前・想定外といった言葉で語るしかない甚大な天災と人災に見舞われました。そしてそれ以前に通用していた価値観では対応しきれないことがあることをはっきりと思い知らされました。単純に前に戻ろうとすることは、同じ災難を再現することを意味しています。けれど、以前の価値観があまりにも広く(無批判に近い形で)受け入れられていただけに、新しい「ものがたり」を見つけ出し、共有することには困難が伴います。簡単ではありませんがこれをLENZ LLC.の使命として、一つでも二つでも先につながる「ものがたり」を見つけ、それに「からだ」を与えることに専心します。

2003年7月より活動してきたクリエイティブ・ユニットLENZはこれまで通り、大和田瑞穂、古村太、高階經啓の3名を核としたゆるやかなネットワーク方式で活動を続けますが、LENZ LLC.では従来のフィールドに留まらず、LENZだからこそできること、LENZが必要とされる場所を自ら新たに開拓してまいります。

世界が今よりほんのちょっとでもマシになればいいなとお考えのみなさま。どうぞ気軽にLENZに声をおかけください。まずはお喋りから。そしてパートナーとしてご一緒できることが見つかれば幸いです。
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...