クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
祝福と呪詛のあいだで/災害または救済としてのキラーコンテンツ考(高階記)
2016年 07月 24日 (日) 10:28 | 編集
かつて家庭用ゲーム機が登場し、普及し始めた頃よく言われたのが、「テレビ画面に何が映っているか、これからは時間の奪い合いだ」みたいな話だった。
 
初期のテレビは、いまで言うところのアナログ地上波しか映らなかった。争いはテレビ局間に限られていた。やがてゲームが映る時間が増え、衛星放送だのケーブルテレビだのが映る時間が増え、ネットも閲覧できるようになり、各者入り乱れての「時間争奪戦」になっていった。
 
いま起きているのは、それのスマホ版だ。
 
その画面に何が映っているか。自社のアプリやらサイトやらが、できるだけ長時間表示されたい!という人たちがいる。表示時間を増やすために高い広告費を払って誘導し、利用させようとする。長く表示されることで今度は自分たちが媒体になって広告掲載料をとったり、長時間、ディープにプレイしてもらうことでアイテム課金で稼いだり、そういうビジネスモデルでやってきた。彼らにとって「ポケモンGO」はまさに悪夢の始まりにほかならない。
 
   *
 
想定外の破壊力を持ったキラーコンテンツの登場は、スマホアプリ業界の住人にとっては、計り知れないパワーで襲った激甚災害だと言って言い過ぎではないだろう。
 
広告費に換算したらいくらになるのか考えられないほどのニュースが、ネットで、テレビで、新聞で、その他のメディアで、がんがん流れて、いまや「ポケモンGO」という単語を知らずに生きていくのが難しいほどの有様だ。他のアプリの出番はなきに等しい。彼らのいままでの努力がたった1日で(ほんの一瞬でと言うべきかもしれない)吹き飛ばされてしまった。
 
いや。「他のアプリの出番」どころじゃない。
 
参院選とか、都知事選とか、熊本とか、高江とか、テロとか、パナマ文書とか、保育所とか、改憲とか、集団的自衛権とか、どの一つを取っても語り尽くせないような数々のテーマが、人々のマインドシェアのはるか末尾に追いやられてしまいかねない状況だ。
 
輝かしい成功を収めつつあるゲームアプリには素直に祝福を送ろう。けれど同時に、その「輝き」の陰で蓄積されるであろう呪詛のこともはっきり意識しておきたい。それを忘れて「輝き」に見とれてしまうのはあまりにも危険に思える。
 
   *
 
一方で、ここまですさまじいパワーを持ったものが現れた以上(上にも書いた通り、それはもう甚大な自然災害に匹敵するパワーだ)、その力を上手に利用して、さまざまな課題解決に役立てるという視点もあっていい。チャリティ的な課金アイテムが生まれるかもしれないし、投票率を高めるインセンティブが投票所に現れるかもしれない。
 
先日紹介した自閉症スペクトラムの傾向を強く持つ子どもに与えた影響のこと、保健所のイヌが殺処分を免れた話などなど、思いもよらない「好ましい効果」もどんどん出てきている。それを大事に育てていく流れも生まれるだろう。「呪詛」もまた、今までとは全く違う新たなチャンスの入り口を教えてくれるのではなかろうか。
 
iPhoneアプリ開発に関わる者のはしくれとして、災害と決めつけるでなく、救済と決めつけるでなく、この破壊的なエネルギーとどう向き合うか、考えたい。

※この記事は、「小倉さんは考えた/ポケモンGOに殺されるアプリ市場と広告市場」の指摘に感銘を受けて書きました。ありがとうございます。
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...