クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お誘いします】音楽ライブの脚本を担当?【熱烈歓迎】
2016年 11月 18日 (金) 11:29 | 編集
LEDK.jpg

昨年の12月31日、ぼくはレナード衛藤さんと一緒にデーモン閣下のオフィスを訪問し、レナードさんが構想する新作公演のプランについて語り合いました。

その日お会いした、世をしのぶ仮の姿の閣下はとてもジェントルで、知的で、サービス精神あふれる悪魔で、初対面のぼくにもしゃべりやすい雰囲気を作っていただいたのが印象的でした。結局4時間くらい話し込んでしまい、大晦日だったので『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』に出演するという話を教えてもらったり終始なごやかなミーティングでした。それが結実した作品がこれ。

レナード衛藤ブレンドラムス
「Silently She Dances-静かなるダンス」朗読編

11月24日(木)銀座・王子ホール
開場18:30 開演19:00

この時点ではぼくはまだデーモン閣下の朗読への関わりの深さを知りませんでした。今から思えば恐れ多い話ですが。

お会いした時にはまだよくわかっていなかったんですが、そして一般にはまだ知られざる横顔だと思いますが、デーモン閣下は百戦錬磨の朗読家だったのです。かれこれ20年近く、さまざまな形式で(それも邦楽界とのコラボレーションが多い)作品数もステージ数もおびただしい回数を行っています。

今年の3月、新作の「砂丘怪奇譚 〜 安部公房『砂の女』〜」を聞きに行き、朗読家でもあり、歌手でもあり、当意即妙のコメンテーターでもあるというフリースタイルなパフォーマンスにすっかり魅了されました。そしてまだ脚本は途中だったけれど「これはいける!」と確信しました。その日はちょっとしたアクシデントが多発する回でしたが、そういうハプニングも丸ごと引き受けて演じきるライブパフォーマーとしての度量にも感嘆しました。

高階のSudden Fiction Project的な虚構だと思われると困るので、今更ながら念のために書き添えておくと デーモン閣下というのは、あのデーモン閣下です。「聖飢魔IIの」といえば分かる人、「デーモン小暮」といえば分かる人、「大相撲解説者の」といえば分かる人など、いろいろいらっしゃると思いますが、そのデーモン閣下です。先日紹介した『この世界の片隅に』にからめて書くならば、広島にも縁の深い、あのデーモン閣下です。

デーモン閣下と同様に書くならば、和太鼓奏者のレナード衛藤さんは(「和太鼓奏者」と書くのがためらわれるくらい、一般的な「和太鼓」のイメージからは、かけ離れたライブパフォーマーです)、鼓童で音楽監督を務めたレナード衛藤さんであり、独立後はボブ・ノーベル賞受賞者・ディラン、ボンジョヴィをはじめ多くのミュージシャン・ダンサーと共演したレナード衛藤さんであり、箏曲家・故衛藤公雄さんのご子息のレナード衛藤さんであり、パーカッショニストのスティーヴ・エトウさんを兄に持つレナード衛藤さんであり、文化庁の文化交流使としてヨーロッパ・アフリカ・インドで現地アーティストと創作コラボレーションを行ったレナード衛藤さんです。

こう書くと、なんだかお二人とも虚構っぽいですが、実在のミュージシャンです。

このお二人に、ピアノの林正樹さんが加わり、デーモン閣下の朗読&歌を含めて「その全体が音楽である」というべきライブ体験ができます。

ぼくは脚本としてクレジットされていますが、5月初演に向けたリハーサルに参加しながら「ああ、ぼくは長い長い歌詞を書いたんだ」と感じました。音楽好きの皆さんは、ぜひ、音楽のライブだと思って足をお運びください。必ずご満足いただけると思います。ライブで盛り上がりながら、なんだか笑えて泣けて力入って脱力もしちゃうような、すごいスケールの「ものがたり」にも触れてしまう、というような感じになろうかと。

今週はじめの情報では「まだ良席あり」とのことでした。王子ホールです。どこに座っても素晴らしい音を味わえる素晴らしいホールだそうです。どうか聞きにきてやってください。

昨年末、レナードさんから「自分の今後のバイブルになる作品を作りたい」との依頼を受け、今年の前半無我夢中でとりくみました。高階個人にとっても大切な渾身の作品となりました。どうか観に来てやってください。ちなみに5月公演が終わるなり、レナードさんは「これはepisode2だ。高階さん、episode1も書くよね?」ととすごいことをさらっおっしゃいました。もちろん、受けて立ちます。ぼくにとってライフワークになります。ぜひ見届けてください。

   *   *   *

以下、 【公演情報】
レナード衛藤ブレンドラムス
「Silently She Dances-静かなるダンス」朗読編
11月24日(木)銀座・王子ホール
レナード衛藤(太鼓)
デーモン閣下(朗読、歌)、林正樹(ピアノ)
開場18:30 開演19:00
チケット:全席指定6,000円(税込)
好評発売中!
エムアンドアイ・カンパニー 03-5453-8899
イープラス
ローソンチケット
0570-000-777(Lコード:76012)

↓詳しくはコチラヘ↓
レナード衛藤ブレンドラムス
「Silently She Dances-静かなるダンス」朗読編
スポンサーサイト
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。