クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【近況報告】ストーリーテラー for SALE!(高階記)
2017年 05月 08日 (月) 10:28 | 編集
メールでもご案内した内容ですが、メールで繋がっていないみなさまのために。

出世魚というのがおりますが、犬のお父さんで有名なソフトバンクモバイルはまさに出世魚のような会社でして。一つ前の名前がボーダフォン。その前の名前はJ-PHONE。で、その前の名前は(関東甲信越エリアでは)東京デジタルホンでした。
 
高階は1997年、東京デジタルホンが「コミュニケーションネーム」として「J-PHONE」を採用したタイミングでそのプロジェクトチームの一員に加わりました(このチーム、いまに残る業績としては、写メールという言葉を世に送り出しました。まさにその言葉が生まれる現場に居合わせることができたので、その話もしたいですが、それはまた後日に譲ります)。
 
で、その当時、東京デジタルフォンの広告宣伝担当の女性に面と向かって「謎のコピーライター」と呼ばれたことを懐かしく思い出します(笑)。はっきりと口に出してそう言ったのは彼女が最初ですが、思えばこれまで繰り返し「何の仕事をしている人かよくわからない」と言われ続けてきました。まあ、そういう仕事で、そういう仕事ぶりなんですね。
 
最近になって、自分の仕事について一つ明快になったことがありまして。ぼくは仕事でもプライベートでもストーリーテラーなのであります。
 
例えば仕事で言えば、ある商品が世に及ぼす影響を語り、ある企業が世界をどう変えるかという未来像を語り、時には社会そのものがどのように変化していくのかを語る。プライベートに関して言うと、Facebookなどでつながっている方には解説するまでもありませんが、ぼくは日々ものがたりを紡ぎ続けてきましたし、この先も止めることはないでしょう。
 
仕事でもプライベートでもやっていることは同じです。
 
・まだ誰も目にしたことも手にしたこともない商品やサービスが世の中に出た時のことを描く。
・まだ誰も思い描いていない変化した先の未来を説得力豊かに仮想し提示する。
・場合によっては考えられるいくつもの異なる平行世界のシナリオを語る。
 
1つの優れたストーリーを見つけることもあれば、複数のシナリオのどれが一番現実味があるかを比較検討したり、そのどれが実現するのが望ましいのかを見定め力を集中するためのマルチシナリオを提示することもある。そうしてややこしい時代のややこしい出来事についてさまざまな角度から考えることや、新商品は誰に届くべきか、どのような場所で手に入るようにすべきか、どれくらいの価格がよいかが見えるようになる。
 
ぼくがやってきたことの本質はそこにあり、これからやっていきたいこともそこにあります。世の中に「コピーライター」という職業はありますが、残念ながら「ストーリーテラー」という職業はないので、相変わらずわかりづらいことには変わりがありません。けれど、ご自分のストーリーを必要としている人や、未来が見えるストーリーを必要としている会社は間違いなくたくさんおられることでしょう。
 
あえて申し上げます。
 
高階はストーリーテラーという仕事をしております。あなたの人生の、あなたのお店の、あなたの会社の、「これまで」や「いま」や「これから」のものがたりを、目に見える形にして読みたくありませんか? あるいは耳に聞こえる形にして聞きたくありませんか? ご要望があればどうぞ気軽にお声がけください。個人、会社を問いません。
 
末尾にライブの宣伝を。

5/26に開催する「ものがたりの生まれるところ」は、あくまでもプライベートなもので、飲み物片手に楽しむ、ゆるーいお楽しみ会に過ぎませんが、高階經啓が何者なのかをお伝えする体験型のショーです。
 
大いに笑いながら「謎のコピーライター」の正体を覗きに来てください。ちなみに前回のライブでわかったこととして、その場でみなさんからいただいたお題を元に、15分間、目の前で執筆の様子をプロジェクターでお見せし、本人が書きながら実況解説する「即興創作」の時間がどうやら最も面白いようです。「人間行動観察」とネーミングされました。どうぞお見逃しなく!
 
●ものがたりの生まれるところ(SFP_live! 2nd)

 
 
***公演情報***

5月のプレミアムフライデーに、人からお題をいただいておはなしを書く高階經啓のライブ「ものがたりの生まれるところ」を開催します!
 
・Twitterで配信できるサイズの、とっても短いものがたりの朗読
・その場でいただいたお題で目の前で執筆する即興創作
・そして発展形である「SFPエッセイ」作品の朗読。
 
80分足らずの短いライブですが、盛り沢山にお楽しみいただけます。ぜひぜひ遊びにいらしてください。
 
●公演概要
【日時】5/26(金)
 19:00-20:15(75分)
 
【料金】1500円(税込)
 
【会場】MAREBITO
 〒104-0033 東京都中央区新川1-3-23 八重洲優和ビル 2B
 電話 03-3555-9898
 
MAREBITOイベントならではのスタイルとして、飲み物は持ち込み自由です。お酒でもソフトドリンクでも飲みながらのんびりお楽しみください。終演後は近くで軽く打ち上げを予定。おしゃべりしたい人はそちらもあわせてどうぞ!?
 
去る3月「140字のSudden Fiction Project」ライブとして始まった企画の第2弾です。
 
世の中のどこにも前例のないイベントですので、説明しにくいですが、前回のイベントページでなんとなく雰囲気をつかんでくださいませ。
●2ステージ!「140字のSudden Fiction Project」ライブ(朗読&即興創作&書き方講座)


スポンサーサイト
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。