クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
語るに値することを語り合おう(高階記)
2016年 11月 11日 (金) 10:06 | 編集
ドナルド・トランプが大統領に選出され、TPPが衆院で可決され、駆けつけ警護が始まる南スーダンではケニアが舞台を撤退するなど世界は騒然としている。大見出しの大事件があっても、ぼくらは眠りから覚めると昨日と続く自分自身の毎日を過ごすことになる。
 
久しぶりに、電子絵本『96歳の遺言』についてひとこと。これは80代ブロガーの中谷久子さん(a.k.a.hisako-baabaさん)が、当時96歳のおけいさん(故人)から聞いた話をまとめた聞き書きを電子絵本化したものです。ぼくはそのプロジェクトメンバーの一人です。
 
初めてブログを読んだ時「これだ!」と感じ、惚れ込みました。それは、「戦争だけは絶対やっちゃダメだよ!」とテンポのいい江戸っ子口調で力強く語られるおけいさんの一代記に魅せられたから。カラッとした文体とは裏腹に、幼少時代、戦争に至る日本、戦時中の生活、そして戦後に長く後を引く、戦災と呼ぶべき生活苦のエピソードが満載で、それこそが「語るに値すること」だと感じたのです。
 
「武力・戦略・武器」で語られる「大文字の戦争」ではなく、「死傷・飢え・困窮」をもたらす「等身大の戦争」がそこには描かれていました。敢えて言えば「男が大好きなドンパチ」ではなく、「女が体感した生活の中の戦争」がそこにはありました。政治家でもない、職業軍人でもない、圧倒的多数の非戦闘員である国民にとって、あるいは徴兵される者にとって、戦争とはどういうものなのかが伝わってきました。
 
平和ボケしたぼくらは「戦争」というと「大文字の戦争」をつい思い浮かべがちですが、イラクで、シリアで起きている通り、本当は「等身大の戦争」のことこそ実感を持ってわがことととらえる必要があるのでは?とぼくは考えます。
 
おかげさまで電子絵本『96歳の遺言』は多くの人に読んでもらえ、いろいろな反響もいただきました。ぼくにとってとても大切なプロジェクトです。
 
   *
 
このところぼくが『この世界の片隅に』を応援しているのは、『96歳の遺言』と通じる部分を感じているからです。映画を観る前から応援していたのは単純に、「芸能事務所の横暴な圧力で、大勢の人が命を削ってつくった作品が封じ込められるなんて絶対許せん!」という義憤のような気持ちからでした。
 
けれど、実際に試写会に足を運んで映画を見て立ち位置が変わりました。「ああ、これはもう一つの『96歳の遺言』だ!」と感銘を受けたのです。
 
おけいさん同様、物語はヒロインのすずさんの幼少期から始まり、ある意味で「すずさんの一代記」と言えなくもありません。おけいさんとは対照的に、すずさんは、おっとり、ぽや〜んとしていて(劇中は「ぼーっとしている」と言われています)、柔らかくて可愛い広島弁で語ります。
 
彼女は典型的な天然で、次々に笑いを引き起こします。そして一所懸命に毎日を生きています。境遇をどこまで把握できているのか見ていて不安になるようなところもありますが、前向きに明るく工夫を重ねる様子にはたくましさも感じます。すずさんのいる場所に笑いが絶えません。
 
   *
 
ええと。内容的なネタバレはしませんが、この後「観た後の個人的な感想」を書きます。念のため、これから観る人で、事前情報を嫌う人はここで離脱してください。
 
   *
 
すずさんは想像力豊かな人で、彼女が上手に描く絵は、あるいは彼女の目を通した世界はとても美しく、ファンタジックでさえあります。そんな「すずさんの毎日」を見ているだけでもとても豊かな体験なんですが、もちろん、それだけでは終わりません。戦争の気配は日常の中にも入り込んできます。
 
この作品では、戦争の悲惨さをこれでもかと描くようなことはしません。むしろ、その中でも続く「毎日」の方を大事に描きます。大きな災厄が起きても、それでも「毎日」は続きます。明るい工夫だってできます。笑いも絶えません。映画はそこを丁寧に描きます。ぼくはそのことに仰天するほど感動して、観る前とは全く別な動機でこの映画を応援しようと心に決めました。
 
この映画は、毎日を丁寧に生きようとする全ての人に向けられた映画です。大事なものが見つかる映画です。
 
素人にはよくわからない理不尽な事情から、テレビ広告もなく、上映館の数も小規模にスタートを切らざるを得ないようですが、ほんとは世代を超えて、いずれは国境も越えて、大きな反響を巻き起こすであろう作品です。大切な人と一緒に観に行って、大事なものを一緒に見つけてほしいと思います。
 
『96歳の遺言』、読んでください。明日11/12公開の『この世界の片隅に』、観てください。ぼくにとっての最新作でもある『Silently She Dances』もまた同じテーマだということに書いていて気づきました。
 
書いていてとりとめなくなりましたが、どれも、ぼくの大切にしているものの話です。読んだ人、観た人といっぱいおしゃべりしたいです。ぜひ、ご一緒に。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...