クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【朗読を哲学する4】「できない」ということを大事にする
2017年 09月 24日 (日) 22:19 | 編集
これは畏友・本田秀夫氏のコラムの影響下に書く(具体的にこのコラムと指し示しにくいが「ドクター本田のにじいろ子育て」などご参照あれ)。

ぼく自身は、声については割と恵まれてきたと思う。飛び抜けて何ができるわけではないけれど、いろいろな声を出すことには前向きで、面白がって取り組んできた。近年特殊発声を面白がって一人で追求し続けているように、演技や何かとは関係なく、高低抑揚調子人格さまざまな音を出すことそのものに興味がある。出ない音が出るように追求することに興味があるし、それが全然うまくできなくても「これ、むずかしい!」と面白がることができる。
 
けれど、大多数の人にとってはそんなのはどうでもいいことだろう。声なんてふだんの声が出せれば十分。それが普通だ。

例えばワークショップの参加者から、ハミングをしながらビリビリ振動する場所があるということがよくわからないという声があった。それはコツでつかめるものかもしれないし、その人の頭蓋骨の構造上(たとえば鼻腔がポリープで埋まっているとか!)、振動したくてもできないのかもしれない。

また、ハミングで見つける共鳴はあくまでも頭蓋内のものであって、全身を使った共鳴とは違う。

声の高低をつけたり、抑揚をつけたりすることができない、やろうと思ったけれどできた試しがないという声があった。確かに抑揚たっぷりにしゃべれるとなんだかシェイクスピア俳優みたいでかっこいい気もする。でもシェイクスピア俳優って戯画化の対象でもあって、それが一番いいのかどうかわからない。ひょっとしたら、淡々と訥々と喋ること自体を掘り下げたほうがいい朗読にたどり着けるかもしれない。

ぼくは、ぼく自身が得意なことをみんなにさせようとするべきではない。という大事な発見にたどり着いた。もちろん、ぼくがやっているようなことをやってみたいと思う人に対しては伝えられることをなんでも伝えよう。

でも、ぼくはまず、その人が何ができないと思っているのか、そしてそれはできるようにしなきゃいけないのか、できないままで別な克服方法を探すべきなのか、そんなことを考えていきたい。

一つはっきりしているのは「楽器としてのからだ」を大事にしよう。あるいは「もっといい楽器」にしよう、ということ。そのためには一人一人が自分のかただの特性を自覚するように仕向けたいし、その過程を通じてぼくも一人一人の特性を把握して、その人ごとのいい声、いい音を探したい。

そういう意味では、目標に掲げた狙い通りの発声(音程・音量・音色・テンポ・リズム)というのはやや二次的であって、初歩の発声練習では、喉を潰さない発声、アンサンブルの面白さなど、そのままでできることを伸ばすことが大事かもしれない。

できないことを無理にできるようにするアプローチではなく、できないことを大事にして、ではその楽器では何ができるのかを丹念に探り当てることから始めよう。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。