FC2ブログ
クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【テツガクしようぜ】①「いじめゼロ」は空論である、か。 (たかしな記)
2018年 04月 24日 (火) 08:44 | 編集
年初にテツガクしようぜと書いてからずいぶん間が空いた。本当は1月から始めてもいいシリーズだったのだが、3ヶ月遅れとなった。まあ、年度始めだしちょうどいいだろう。これを始めるきっかけは、新しいテーマとして「いじめ」のことをあれこれ考える機会をもらったからだ。年来取り上げてきた森、食、防災、発達などに加えて、いじめもまたライフワーク的に向き合うこととなりそうだ。
  
「機会」というのは、詳しく書いてしまうとそれだけで長大になる恐れがあるので、ごくかいつまんで書く。雑に説明すればこんな感じだ。昨年の夏の終わり頃、とある仕事のお誘いを受けて参加して、「ソーシャルグッドに関心のある人がわいわい参加して、アクションのアイデアがどんどん生まれて、そこに関わる人がわっせわっせと実際に行動して、社会をちょびっとずつでもいいから、確実に動かしていく発信基地になるウェブサイト」づくりに関わってきたのだ。そのサイトで、初っ端(しょっぱな)に取り上げるテーマが「いじめから こどもをまもる」というわけだ。
  
テーマそのものに向き合っての議論は、サイト「social action lab (ソーシャルアクションラボ)」ですべき内容だ。だからここでは「その周辺」の話を書く。いわば「いじめをテツガクする」のだ。
 
 
   *
 
今回、いじめについて、初めてまともにたくさんの資料にあたり、レベルも内容もまちまちのいろいろなポイントで「へえ、知らなかった!」と驚き、「そんなことになっているんだ」とため息をついた。そして陥りがちな(ぼく自身陥っていた)誤解や、間違った形で広まってしまった「常識」が多々あることを知った。
 
たとえば「いじめゼロ」「いじめをなくそう」といった言葉。あまり深く考えずにいいフレーズとして使われているが、ちょっと考え始めると「それは無理だな」ということがわかる。
 
ここで「いじめ論」を展開するつもりはないが、話の流れ上、少しだけ書く。
 
いじめる側を「加害者」、いじめられる側を「被害者」、直接は参加しないがまわりで見ている者を「傍観者」と呼ぶとして、いじめが起きているかどうか判定できるのは「被害者」のみであって、「加害者」や「傍観者」が「友達同士でふざけていた」と証言しても何の意味もない。「被害者」が不快や苦痛を覚えていればそれは「いじめ」なのだ。外からは判断できないことも多い。しかもさらにややこしい例として、その「被害者」本人が先生や親・保護者に対して「自分はいじめられていない!」と主張することもよくあるからだ。そして最悪のケースでは、その同じ子が自殺後に遺書やメモの形で「いじめられていた」という内容のことを記していたというような実例がある。こういう形の「いじめ」をゼロにすることが可能だろうか?
 
今の学校の環境がそのまま変わらない状態で、そのようなケースが絶対に起きないようにすることなど不可能なのだ。であれば、早期発見と適切な対処というのがいますぐできる緊急の対策だということがわかる。
 
少々時間がかかるが本質的な対策としては「なぜ学校でいじめが起きるのか」というメカニズムを徹底的に分析して、いまの学校制度そのものが「いじめ発生機関」として機能していることを明らかにし、その機能をなくす腰を据えた取り組みも必要だ。
 
……というような議論のこの先は「social action lab」に任せることにする。ここで言いたいのは「いじめゼロはありえない」というのは、とりもなおさず、「人間はある条件が整えばいじめを発生させる生き物だ」ということだ。そのことを直視しないで、「いじめゼロ」という目標を掲げても空論に終わってしまう。そして、そのような「空論」はたぶん他のテーマに関してもしばしば発生している。
 
さらに、「いじめ」は何も子どもだけの問題ではないことや、そもそも「social action lab」で取り上げるような手強い社会課題との向き合い方はどうあるべきか、といったことへも展開していこう。うん。このくらいの長さでどんどん書く(続く)。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。