FC2ブログ
クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【テツガクしようぜ】④非対称な力関係のこといろいろ
2018年 05月 02日 (水) 19:22 | 編集
いじめとセクハラ


いじめの話とセクハラの話がいろいろ重なって見える。〈②「人権侵害だなんて、何を大げさな」なのか?〉で書いたことの繰り返しになるが、とりとめなく書き散らす方針なので、重複を気にせず書く。
 
さて、いじめとセクハラの共通点。
 
多くの場合、加害者側に罪の意識が恐ろしいほど欠けている点がその一つだ。「ふざけていただけ」「軽いじゃれあい」「あいつも笑っていた」「ちょっとした言葉遊び」などなど。言い逃れの場合もあるが、いじめやハラスメントを行っているまさにその瞬間、加害者側が「楽しんで」いるのは間違いない。加害者本人の意識の中では取るにたらないお遊びなのだ。それが大きな問題になるなんて想像もつかない。大きな問題になると「あの程度のことで、まさかそんなわけがない」と思うので「誰かにはめられた」などという発想が出てくる。
 
しばしば「少なくとも官僚ならセクハラに関する研修を受けているはずなのに」などと指摘されるが、たぶんそんなものでは全然伝わらないのだと思う。研修内容を頭ではわかっても、実は全く実感としてわかっていないだろうと思われる。なぜそんなことになるのかというと、「手掛かりのないことは想像すらできない」という話につながる。
 
ハラスメントの定義に「非対称な力関係」が含まれているのかどうか未確認だが、明記されていなくても、そこには必ず「非対称な力関係」があるはずだ。なぜなら、対等な力関係で、不快な言動を瞬時に止めさせることができるならば、それは継続するハラスメントには至らないからだ。継続しないならば、その一瞬の失礼な言動についての罰は受けるべきだろうが、一回限りのできごととして終わらせることができる。
 
問題は、言い返せない、抵抗できない力関係の中でハラスメントが行われることだ。パワハラ(アカハラなども含む)が強者から弱者に対するものだというのは字義通りだが、セクハラも構造は同じはずだ。いじめ加害者の場合は社会的な強者とは限らないが、いったん「いじめ」の構造が成り立つと加害者と被害者の関係はほとんど支配者と被支配者の関係になる。やはり非対称な力関係の問題なのだ。
 
加害者側の言葉として「嫌なら嫌と言えばよかったのに」「あっちだって同じことをやろうと思えばできた(場合によってはあっちが先に仕掛けたなどと嘘を言うこともある)」などというものをよく見聞きするが、これは「非対称な力関係」を無視した発言だ。ハラスメントを行う時は自分の優位を利用しているくせに、言い訳する時は平等を装う。タチが悪いのは、自分の優位についても無自覚で、相手が言い返せない、抵抗できないということの不快な思いを想像することもできないというケースだ。
 
ぎっくり腰をして初めて、足腰の弱った高齢者や歩行に難のある人が街に出る恐怖と不自由がわかる。経済的な苦境を味わって初めて、金銭に余裕のあるものには絶対にわかりようがない絶望があることを知る。言い返せない、抵抗できないという立場を味わったことのない者には、その苦悩は全くかけらも想像できないのだ。
 
いまの社会にはまだまだ理不尽な非対称がはびこっている。男女の性差はその典型で、男社会では相変わらず男は(実力以上に下駄を履かせてもらっていて)、圧倒的に優位なままだ。だからまずそこを根本から解決しない限り、何も解決しない。セクハラに関して男が「女から男への逆セクハラもある」と反撃でもしたつもりで発言している様子には舌打ちしたくなる。守られた安全な場所で何を言っているんだ、と。
 
白人社会における黒人・有色人種も同じだ。宗教や言語、風習におけるマイノリティも同じだ。ほんのすこし前の右利き左利きも同じだった。あいつは劣っている、変わり者だ、矯正すべきだと理不尽に貶められ、迫害される。
 
解決すべきハラスメントは全て「非対称な力関係」の問題なのではないかと思うのだが、違うだろうか? 対等に議論したり、制止や拒絶などで対応できるものはハラスメントになりようがない。言い返せない、抵抗できないという状況を利用して不快なことを押し付けるからハラスメントになるのだ。
 
本人の努力や工夫では今すぐにはどうにも変えようがない力関係(いわゆる非対称な力関係)を利用した不快な言動は、やはり「ゼロ」をめざすものではないだろう。けれども、その非対称性を意識して、それを利用する者を卑劣なものとみなす社会をつくることはできるのではないだろうか。これが社会全体に浸透すれば、ハラスメントの多くは駆逐されるのではないか、というのは希望的感想だが。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。