FC2ブログ
クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
【テツガクしようぜ】⑤満1カ月のソーシャルアクションラボについて、とことん語る (高階記)
2018年 05月 15日 (火) 13:55 | 編集
sal_ogp_000_1.jpg

ソーシャルアクションラボ(social action lab)のオープンが4月16日。今日で丸1カ月、明日から2カ月目、ということになる。毎日新聞の記者さんたちが短期間に良記事をどんどん仕上げてアップして大変読み応えのあるサイトが出現した。インタビュー記事だけで、芥川賞作家の諏訪哲史さん、尾木ママこと尾木直樹さん(なんと全3回)、作家・辻村深月さん(本屋大賞のタイミングで!)、社会学者・内藤朝雄さん、寄稿では池上彰さん、評論家の荻上チキさん、いじめなどを扱うNPOの代表の小森美登里さん、精神科医・斎藤環さん、ラジオDJ山本シュウさんと錚々たる顔ぶれ。
 
著名人が並べばいいってものではなく、現役の教師、さいたま市の元教育長、そしていままさに子どもを学校に通わせている保護者、さらには毎日小学生新聞に寄せられた子どもたちのメッセージなど、「いじめが発生している・するかもしれない現場」のことばもずらりと並んでいる。従来メディアでいじめは「自殺」などの重大問題が起きた時にしか取り上げられず、事件でも事故でもない学校の空気感が伝わってくることがなかった。この「いままさにそこで日々過ごす人たち」の声というのがすごく貴重だということを感じている。
 
そして国内外でのさまざまな取り組みの事例も増えてきている。
 
ここで、ソーシャルアクションラボはそろそろ本来の目的に向けて動き出さねばならないと感じている。ソーシャルアクションラボでは当初から「実際にアクションが起きる」ということを最も重視して企画を進めてきた。読んで「ああ、いい記事だった。参考になった」というのも悪くはないのだけれど、そこで終わってしまうと世界は少しも変わらない。誰かがアクションを起こさなければ世界は記事を読む前と同じままだ。
 
そのアクションは派手なものである必要はない。ごくごく小さなものでいい。でも同じ方向を向く人が何かのアクションを起こせば、それはだんだん目に見えるものになり、世の中からも無視できない動きになり、やがては(たった1ミリでかまわないから)世界を動かすはず。それが出発点にある。
 
いじめを止めるためにスクールカウンセラーになるとか、いじめ相談をうけつけるNPOで働き始めるとか、いい活動をしている団体に寄付をするとか、そういう時間とお金と労力と知恵を全部投入するようなアクションも尊いけれど、それができるのはごく一握りの人でしかない。でもたとえば「いじめ」という問題を考えたり、薄くでもいいので関わったりしたい気持ちを持つ人はもっとたくさんいるはずだ。
 
ぼくがこのプロジェクトの最初から願っているのは、もっとささやかでいいので、もっとずっとたくさんの人が「いじめのことを気にしているわたしがここにいる」と存在を示してくれたらということだ。心打たれる記事を読んで「ねえ、このこと知ってた? どうにかならないかな」と記事をSNSでシェアしたり、よい記事へのリスペクトの気持ちを「注目」ボタンで示したり、ちょっと勇気はいるけど、一歩踏み込んで記事のコメント欄に感想や、質問や、異論反論を書き込んだり。そんなことが起きて欲しいと願って企画してきた。
 
というわけで、ぼくとつながっている全ての人にお願いです。「いいよ。そういうことならどんどん参加してやるよ」という方はぜひソーシャルアクションラボのサイトで「注目」ボタンを押したり「コメント」を書き込んだり、「投票」に参加したりしてください(投票結果などがデタラメにならないように登録が必要です。無料でも有料でも登録できます。ひと手間おつきあいください)。
 
よくわからないところに書き込むのは勇気がいるという方は、記事をFacebookにシェアしたり、Twitterにツイートしたり、あるいはぼく個人宛でいいので、「こうするともっと広がるんじゃない?」「この辺が書き込みにくいけどなんとかならない?」「積極的に参加してくれそうな人を紹介してあげよう」なんてアドバイスをいただけると、できるだけサイトに反映していきたいと思います。

満1カ月、生まれたてのサイトですが、大事に大事に育てていきたいです。ぼくは大真面目に「1ミリ、世界をいい方へ」動かしたいと考えていますし、このサイトがその手がかりになることを心から願っています。どうかみなさんの力をお貸しください。
 
ぼくが大好きな記事をペタリ

●「いじめる子にやさしくする」NPOジェントルハートプロジェクト 小森美登里さん
https://socialaction.mainichi.jp/cards/1/36
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...