FC2ブログ
クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
【朗読をテツガクする1801/一人カラオケの罠】
2018年 08月 14日 (火) 10:00 | 編集
今年も草加市での朗読のワークショップが始まった(歌とダンスのファンタジーX。2019年1月27日本番)。去年もそうだったけれど、この期間、朗読について、あるいは身体を使って表現することについてあれこれ考える。なので2018年のシリーズの第1回ということで1801と題して書く。今後1802、1803と増えるが1899までいくことはあるまい。
 
   *
 
今日は「一人カラオケ」というキーワードで書く。
 
一人カラオケは、カラオケボックスに一人で入って歌うことだ。目的はいろいろで、ぱっと思いつくだけで、順番待ちなしで次から次へと時間内ノンストップで歌い続けたい人、他人の目を気にせず大声を出してストレスを発散したい人、次に人前で聞かせる課題曲をマスターするため自主練したい人などがいる。
 
目的を別にすると、共通点は聞き手がいないことがあげられる。リアルタイムでその歌声を聴いて反応する人がいない。その結果、聞き手の反応も存在しないし、聞き手の反応を感じて歌い方に影響が出るということもない。一人カラオケは自己完結が特徴なのだ。
 
朗読ワークショップについて言うと、参加する人の意識はそれぞれで、人前に立って何か演じたりするのが好きという人もいれば、声に出して読み聞かせるという行為が好きという人もいる。澱みなくスラスラと適度な抑揚をつけてはっきりと聞き取りやすい声で喋れるようになりたいという動機の人もいるだろう。
 
「澱みなくスラスラと適度な抑揚をつけてはっきりと聞き取りやすい声で喋れるようになる」ということは、朗読をする上でとても大事なことでもあるけれど、これは手段であって目的ではない。「澱みなくスラスラと適度な抑揚をつけてはっきりと聞き取りやすい声で喋る」ところまでで止まってしまうと「一人カラオケ」になってしまう。
 
決して、一人カラオケがいけない、と言うつもりはない。歌と同様、聞き手がいようがいまいが、とにかく声に出して読むことが好きという人や、大きな声でがんがん読み飛ばすことがストレス発散になるという人がいてもいいと思う。でもそれは「歌とダンスのファンタジー(略称:歌ダン)」というプロジェクトが求めることではない。
 
「澱みなくスラスラと適度な抑揚をつけてはっきりと聞き取りやすい声で喋る」ことができるようになったら、その先には共演者と一緒に場面をつくるというプロセスがあるし、衣装を身につけ舞台美術の空間に身を置き、立ち位置やマイクの使い方も覚えて、照明を浴びて音楽や音響効果ときっかけを合わせるというようなプロセスもあるが、それもこれも全部目的ではなく手段だ。
 
目的は、本番を観に来る1000人近い観客にものがたりを届け、ただ単にすじがきを理解させるだけではなく、笑ったりほろりとしたり、ドキドキハラハラしたり、ほっこりなごんだり、印象に残るひとことを持ち帰ったり、要するに、実際にそこにいる人の心や体に何らかの反応を引き起こすことなのだ。願うらくは演出家が意図したとおりの反応を。そうでなければ演出家が意図した以上の反応を。
 
ここに書いた「目的」は、朗読に限らず、演劇でも、演奏でも、ダンスでも共通のことだが、つまり言いたいのは「一人カラオケではない」ということだ。理由はよくわからないが人はしばしば「一人カラオケの罠」的な方向に踏み込んでしまいがちだ。
 
それはたぶん、ワークショップの課題が個人のスキルを磨く方向に特化しているように受け取られがちだからだろう。そこは場を提供する側の責任が大きい。場をファシリテートする側が、その「罠」について十分に配慮して「誰かの心や体を動かすためにやっている」ということを忘れないようなメニューをつくる必要がある。単純に言えば「他の人が朗読しているときは聞き手になる」という場をつくることなのだが。
 
   *
 
書いているうちにいろいろ書きたいことが出てきた。昨年書いたこととも重複するだろうが、頭の整理を兼ねて続けて書こう。昨年の初日から言い続けている「3つの基本」のことや、その3つそれぞれに関する詳細な解説なども。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...