クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
11/27(土)19:00よりUstream番組に出演?!(高階)
2010年 11月 26日 (金) 11:59 | 編集
なんとも唐突な展開なんですが、そういうことになりました。

まずは基本情報を……。

========================================

■西早稲田TRANSIT会議 vol.1
「ボカロシーンとバンドシーンの間にあるもの」
 11月27日(土)夜7時
 URL : http://bit.ly/eEALJZ

出演:
 佐藤純一(FLEET)
 林英樹(メカネロ~オードリーシューズ)
 黒田晃太郎(フラバルス)
 U(メカネロ~オードリーシューズ、Che-a)
 和賀裕希(そらいろくらぶ/s10rw)
 福田大介(whoo/s10rw)
 10日P(monaca:factory/s10rw)

========================================


この錚々たるみなさんの中にまぜまぜしていただきます。
「なんでまたそーゆーことになったの?」
という方のために、これまでの経緯をざっくりまとめると……。

ぼくにとっての発端は先週の11/19。この日、上記出演者の佐藤純一さん(マイミクさんでもあります)がこんなTogetterを発表しました。

■初音ミク文化論「身体性なきボーカロイドの跳躍」

これは佐藤さんがそれに先立つ数日間にTwitterを使って交わしたツイートをまとめたものです。

佐藤さん自身は、自ら作詞作曲しライブで演奏するミュージシャン(FLEET名義で活動中)で、一方ここで論じている初音ミクはボーカロイド(「ボカロ」と略すらしい)。大変失礼ながら、いままでぼくは佐藤さんのライブに足を運んだこともなければ、ボカロの曲を聴いたこともなかった。なのでぼくとの接点は少ない話題だったのだが、ミュージシャンがボカロを熱烈に語っていると言うのがなんだか不思議な気がして興味をひかれた。

しかも、なんだか熱く盛り上がっている様子が面白くて(ものの数時間のうちに2000viewかせいだ。現在5000viewを超えて記録更新中)、週末に読み始め、読み進めるほどに、いろいろ触発されて思いつくことがあるもので、Twitter上にメモ代わりのツイートをどんどん書き込んでいた。

するとちょうどそのときjsatoさんもTL(タイムライン)上にいて、ぼくのツイートに対していろいろコメントを投げかけてくれた。その時のやりとりを元にぼくはぼくで以下のようにブログにまとめたのはすでにご覧いただいている通り。

■初音ミク文化論「身体性なきボーカロイドの跳躍」を読む

一方、Twitterではその日のうちに、すぐさまjsatoさんから「次の土曜にUstでゆるく座談会的な番組やろうと思うのですが、ぜひ出演して頂けませんか?」というメッセージが届いた。

好奇心はそそられるものの、さすがにここまで無知な門外漢がいきなり行ってもお邪魔なだけだろうと謙虚で控えめなぼくは遠慮してみせていたのだが、「別な世代として、たまに思いつくことを語るだけでOK」というような後押しをしてもらい、ぼく自身も知らない世界に飛び込んでいく誘惑に勝てず出演することにした。

といういきさつです。

テーマに興味のある方はぜひご覧ください。「ボカロ? 初音ミク? ぽか~ん」という方はおヒマがあれば、ぼくが身の置場がなくて焦っている様子だけでも、ちらっと覗いてみてください。Twitterアカウントを持っている人はコメントを投げてやってください。うまくすれば会話に参加できるかもしれませんよ!

詳細はこちらをご覧ください。
「初音ミク文化論「身体性なきボーカロイドの跳躍」/西早稲田TRANSIT会議」
 http://www.fleet-sound.com/blog/2010/11/26-054802.html
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...