クリエイティブ・ユニットLENZのblogです。
LENZ
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災は救援物資を必要としている(高階)
2011年 03月 17日 (木) 15:26 | 編集
緊急なので、佐々木俊尚さんのブログにリンク。

「被災地に救援物資を! いま私たちに求められていること」
 
以下の文章は読まなくていいので、上記のブログにぜひ目を通して欲しい。

     *     *     *

我々は阪神淡路大震災の教訓を元に、「救援物資は自治体に集約する」
「よけいなボランティアは迷惑だから追い返す」というような話を
この数日ずっと見たり聞いたり、そして書いたり語ったりして来た。

でもそれは間違いだった。

阪神淡路大震災の時はまだ自治体が機能していた。
けれども今回は津波によって自治体ごと機能が失われたところがたくさんある。
その結果、文字通り完全に孤立し、その存在も知られない状態で、
生命維持レベルで逼迫している被災者があちこちに点在しているのだ。

ぼくらがニュースで見ている被災地は、もちろん悲惨な状況だが、
少なくとも発見され物資が届きはじめている。
生命維持レベルの被災地とは、凍死や餓死の危険にさらされている、
というよりも、実際に地震と津波を生き延びた人がいままさに亡くなっている。
そういう場所があるのだ。これは従来の方法論では通用しない。

東日本大震災という全く新しい現場で、いままでとは違うボランティアが展開されている。
ぼくらの支援の仕方もいままでの常識から柔軟に変更して、
彼らが少しでも有効な活動ができるようにしなくてはならない。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LENZ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。